「SMAPの5人とファンに敬意を」スマスマ最終回、ソフトバンクがスペシャルCMに込めた思い

「さよならじゃ、ないよな」

12月26日に最終回を迎えた「SMAP×SMAP」。番組中に流れたソフトバンクのスペシャルCMに「なんて粋なの」「泣いた」と感動の声が集まっている。

ソフトバンク広報部は、BuzzFeed Newsの取材に対し「約6年間をともにしてきたSMAPの5人、そしてファンの皆さんに敬意を表して作り上げました」とコメントした。

「さよならじゃ、ないよな」

2009年にイメージキャラクターに就任したSMAPは、時には海外ロケも交え、多数のCMに出演してきた。

今回放送されたのは、「オリジナル スマイル」(1994年発売)をBGMに、過去のCMの総集編となる一夜限りのスペシャルバージョン。SMAP5人の出演シーンの合間に、以下のようなテロップが挟まれた。

あんなことや

こんなこと

いろいろしていただきました。

今まで

本当に

ありがとう。

最後にはソフトバンクのCMでおなじみの「お父さん犬」が

「さよならじゃ、ないよな」

と、視聴者の思いを代弁するようにつぶやいて終わる。

これまでのCMでは「SMAP→SoftBank」だったロゴが「SoftBank→SMAP」に変わっていたことも「愛を感じるメッセージ」とファンの涙を誘った。

SMAPの5人とファンに敬意を表して

SMAPは2009年6月から2015年6月まで、イメージキャラクターを担当。累計80本ものCMに出演した。

ソフトバンク広報部によると、今回のスペシャルCMは「白戸家」をはじめ同社のCMを手がけてきたクリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光さんの発案によるもの。

SMAPとの契約期間は昨年時点で切れているため、この一夜のために新たに契約を結び直し、作り上げた。

「スマスマ最終回にあたって、ソフトバンクとしても約6年間をともにしてきたSMAPの5人、そして、ご支援くださったファンの皆さんに敬意を表したいという思いで制作しました。紛れもなく一度限り、一夜限りのスペシャル版。今後の放送予定はありません」

追記(12月27日午後2時)

BGMに使用した楽曲「オリジナル スマイル」は、ジャニーズ事務所を含む関係者で協議し、決定したという。

笑顔抱きしめ 悲しみすべて 街の中から消してしまえ

晴れわたる空 昇ってゆこうよ

世界中がしあわせになれ!

関連記事


Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.