「安全なセックスって?」「包茎は手術した方がいい?」中高生の性のモヤモヤに答える「セイシル」オープン

    大人でも勉強になる〜。

    中高生向けの性教育サイト「セイシル」が12月18日にオープンしました。「処女膜ってなんですか?」「包茎はすぐに手術した方がいい?」など、10代へのリアルで切実な疑問と答えが、かわいいイラストと共に並びます。

    セイシル / Via seicil.com

    「性を知る」で「セイシル」

    中高生に知ってほしい性に関する情報を「恋愛・セックス」「男性のからだ」「女性のからだ」「避妊」「性感染症」「多様な性」「マスターベーション」など、10個のカテゴリーに分類。

    「安全なセックスってないの?」

    「男性は胸が大きい女の人が好きなの?」

    「痴漢にあったときの対処法」

    「誰かを好きにならないとダメ?」

    など、多種多様な疑問や悩みに、産婦人科医や泌尿器科医、臨床心理士など、計29人がそれぞれの立場から回答しています。

    SNSでも評判は上々。「小学生でも携帯で調べ物する時代だからこそ、正しい性知識にポップに触れられる場所ってぜったいに必要」

    セイシル、これは良い…! 小学生でも携帯で調べ物する時代だからこそ、正しい性知識にポップに触れられる場所ってぜったいに必要。 「多様な性」のカテゴリーもある!!!ナイス!!! https://t.co/tInGKyHrBM

    「まじで神サイトなので学校の先生や保護者の人たちブックマークして拡散しまくってほしい。中高生もがんがんみてほしい。かわいいし面白い」

    この性教育サイト、まじで神サイトなので学校の先生や保護者の人たちブックマークして拡散しまくってほしい。中高生もがんがんみてほしい。かわいいし面白い。 本日オープン。 https://t.co/EQpUK0r2Js

    「然るべきタイミングが来たらこのサイトをそっと娘に教えたい」

    これは良さそう。然るべきタイミングが来たらこのサイトをそっと娘に教えたい。 https://t.co/XiOqX7A4Lp

    運営するTENGAヘルスケアに、サイトを立ち上げた経緯や目的を聞きました。

    「コーラで膣を洗うと避妊できるって本当?」

    広報の本井はるさんによると、性教育情報サイトの構想は2017年頃からあったそう。同社への性知識に関する問い合わせは以前から多く、そこで直面する現実に危機感を抱いていたと言います。

    「例えば、若者向けの雑誌の性に関する質問コーナーなどを担当すると、『コーラで膣を洗うと避妊できるって本当?』レベルの質問が少なくないんです。昔の都市伝説ではなく、現在進行系で疑問にのぼっていることが衝撃で」

    「大人向けの発信ももちろん大切ですが、好奇心が強く、自分が傷ついたり誰かを傷つけたりする可能性が高い10代の若者たちにこそ、正しい知識を早い段階で身に付けてほしい。初歩の部分から丁寧に情報発信する必要を感じていました」

    2年かけて実態調査やニーズの把握を進めてWebサイトをオープン。避妊啓発団体のNPO法人ピルコン理事長・染矢明日香さんをアドバイザーに、同団体によく寄せられる声を参考にコンテンツを制作しました。

    正しいオナニーって?

    「マスターベーションを知ろう!」というコンテンツが男の子編女の子編に分かれて手厚く解説されているのも、TENGAが運営するサイトならでは。

    セイシル / Via seicil.com

    「マスターベーションについて生徒に教えるのが難しい。生徒に紹介できるようなサイトがほしい」という現場の声を受けて作られたと言います。

    性行為の際に膣の中で射精できない「腟内射精障害」の大きな要因に、「床オナ」など刺激が強すぎる不適切なマスターベーションがあるとされており、啓発につなげられれば――という思いが込められています。

    セイシル / Via seicil.com

    「床オナ」の危険性を訴える箇所

    答えはひとつじゃない

    単純な知識ではない、お悩み相談の回答にあたって意識したのは「答えは必ずしもひとつではない」ということ。

    例えば「同性を好きになっちゃいました。誰にも相談できず辛いです」という質問には、ゲイ当事者や医師、漫画家、大学生など計8人が答えを寄せ、匿名で相談できるホットラインも紹介しています。

    セイシル / Via seicil.com
    セイシル / Via seicil.com

    現在は40程度の「モヤモヤ」(お悩みや質問)を掲載しているが、最終的には100程度まで増やしていきたいと言います。

    サイトでは、読者からの「モヤモヤ」の投稿を受け付けています。