ヒジャブの下の素顔、知ってる? ムスリム女子&日本人女子のルームシェアの日々

    日本人のサトコと、サウジアラビア出身のナダの共同生活。女子会で弾けるナダが超キュート!

    イスラム教圏の女性というと、大きなスカーフで頭や顔を隠しているイメージですよね。でも、そのスカーフの下の素顔、知ってる?

    Haruna Yamazaki / BuzzFeed / Via amazon.co.jp

    サトコとナダ」は、米国留学中の日本人のサトコと、サウジアラビア出身のムスリム女子ナダがルームシェアする日常を描いた漫画。

    初めて触れるお互いの異文化に、時には驚きながら、仲を深めていく2人の女の子のお話です。

    正直、日本ではなじみの薄いイスラム文化。食べられるもの食べられないもの、毎日5回の礼拝の時間、肌を隠すファッション……日々の生活の中で習慣の違いはいろいろ。

    サトコと一緒に「へえ〜そうなんだ!」と知らなかったことが知れると同時に、等身大の女の子としてのナダがとってもキュートで好きになっちゃいます。

    例えば、ファッション。家の中、女子会限定でナダと友達のムスリム女子たちはオシャレを楽しみます。その弾け方がすごくかわいい……!

    「サトコとナダ」(ツイ4) / Via sai-zen-sen.jp
    「サトコとナダ」(ツイ4) / Via sai-zen-sen.jp

    こんな風にキラキラ女の子モードの日もあれば、「起きたらほっぺに枕のあとがついてる! から、今日は顔はニカブで隠して目元だけ出していこう……」なんて日もあって、解決法は違っても考えることは一緒だ! と思います。うんうん、テンション下がるよね、そういうの。

    (ムスリム女性がまとう布の名前は地域によって、ヒジャブ、ニカブ、チャドル、ブルカなどいろいろ。違いは本の中でも説明されています)

    日本人のサトコや現地のアメリカ人から「制約が多くてかわいそう」「決まりが多くて大変そう」と思われがちなナダ。

    そんな彼女の芯のある言葉にも胸を打たれます。

    私は私のために服を買うけどね どうせ知り合いしか見ないから大好きな服を着るわよ サトコって服装自由なのに私よりよっぽど不自由ね

    大変? それはちがうわよ 義務感でしてるんじゃないの 私のためにしてるのよ

    礼拝は人によって意味も内容もちがうけれど 私にとっては1日5回 色んなことから1人になって神さまを近くに感じられる時間なの

    私が自分の国の話をするとさ よく言われるの「はやく移住したら」「こわい国だね」「かわいそう」特にそういうつもりで言ってないんだけど

    …やっぱり自分が生まれた国だからそうは言われたくないわよね

    「サトコとナダ」(ツイ4) / Via sai-zen-sen.jp

    生まれた国も文化も違っても、サトコとナダは仲良し。一緒に料理をして、おしゃべりして、新しい世界を知っていきます。

    「異文化交流」と簡単に言いますが、こうやって目の前の一人に向き合うことが出発点。お互いの文化や背景を尊重してわかりあっていく2人の関係がとても素敵です。

    「サトコとナダ」(ツイ4) / Via sai-zen-sen.jp

    7月に発売した単行本には、Web連載時にはなかった「ナダがムスリムではないルームメイトを探していた理由」が収録されています。

    サトコではなくナダ視点のこの巻末の一編がすっごくいいのでおすすめです……!

    作者のユペチカさんは今、ナダの祖国サウジアラビアに赴いています。2人の物語がどう動いていくのか、これからも楽しみです!

    明日より2週間ご縁があってサウジアラビアへ行けることになりました ナダのことをもっと勉強して、楽しんでいただけるお話が描けるようになれるよう頑張ります もう少しお待ちいただけると嬉しいです。準備大変でした…ご協力くださった皆さん、… https://t.co/gN0OdTCtaK