• animaljp badge

激レア深海魚「リュウグウノツカイ」を生きたまま展示…!水族館の動画が話題に

神秘的!すごくきれいです……。

城崎マリンワールドが、深海魚「リュウグウノツカイ」を生きたまま展示し話題を呼んでいます。生きている姿、激レアです…!

リュウグウノツカイを、生きたまま展示に成功しました!リアル「あつ森」状態。 #城崎マリンワールド

Twitter: @sounann

同館広報がアップした動画は、Twitterで150万再生を突破(2月8日午後2時時点)。銀色に輝くなが〜い体に、ひらひらと揺れるひれ……なんとも神秘的でうっとりしてしまいます。

「一生に一度でいいから見てみたい魚」「美しすぎて言葉にできない」「見れた人うらやましい!」などの声が寄せられているほか、2020年に大ブームとなったゲーム「あつまれ どうぶつの森」にも珍しい魚として登場したこともあって「リアルあつ森だ!」と盛り上がる人も。

2月7日の日中に数時間のみお披露目され、残念ながら同日中に死んでしまいました。今回の展示の経緯を聞きました。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

引きで撮影した映像。水槽や他の魚と比べてもかなり大きいのがわかります……!

地元の漁師から連絡があり…

2月7日朝、地元の漁師さんから「大きな魚が網にかかっている」と連絡を受け、城崎マリンワールドが譲り受けたリュウグウノツカイ。

深海魚が網にかかることは時たまあるそうですが、彼らが普段暮らす深海と地上では水圧に大きな差があり、捕獲された時にはかなり衰弱していることがほとんど。現代の技術でも、生きたまま捕獲・展示するのは難しいのです。

今回の個体は水揚げされた時点で比較的状態がよく、「数時間であれば展示できそう」と判断。急遽決定し、すぐに水槽に入れられました。

「リュウグウノツカイが捕獲されたことは以前もあるのですが、生体展示に至ったのは初めて。大変貴重な機会なので、ぜひお客様にも実際に泳いでいる様子を見てもらえればと思いました」

「Twitterでは予想を上回る反響でした。『名前は知っているけど生きた状態は見たことなかった』という方もかなり多かったです」

「コロナの影響で来館も難しい時期。動画でも多くの方に伝えられてよかったです」

残念ながら死んでしまいましたが、生態研究のため、標本として保存されるそうです。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Haruna Yamazaki at haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here