back to top

LINE、送信取消機能を12月に実装「想定を超えた活用法が生まれるかも」

これで誤爆しても安心?

LINEは11月16日、送信取消機能を12月以降に実装すると発表した。“誤爆”してもメッセージを削除したり、編集したりできないのが特徴だったが、大きく変わりそうだ。

Hirona Kobashi / BuzzFeed

機能の詳細は実装時に発表されるようだが、現段階では送信後24時間以内のメッセージに限るとしている。

「新たなコミュニケーションが生まれるかも」

「社内で議論はありましたが、今回、ユーザビリティを向上し、ユーザーの皆様のコミュニケーションの選択肢を拡大させるために、実装する運びとなりました」

ある意味、LINEのアイデンティティのひとつとも言える機能の変更について、同社の企画担当はこう話す。

「現在、LINEが想定しているのは誤送信の取り消しですが、これまでもユーザーの皆さまによって、こちらの想定を超えた活用法が生まれていると実感しています」

「取消機能に関しても、単なる『削除』にとどまらない新たなコミュニケーションが生まれるのでは、と思っております」

実際、女子高校生のLINEの使い方を見ると、アイコンを真っ黒にして「病んでる」ことを示したり、プロフィール欄を工夫して誤タップさせることで相手からの通話を促したりなどの活用が見られる(関連記事)。

LINE / Via buzzfeed.com

新機能に先駆け、LINE誤送信の体験談を募集する「#LINE誤爆 Black FRIDAY」をスタート。LINEで誤爆した思い出のキャプチャを募集している。

LINE / Via campaign.line.me

例えばこんな誤送信たち。

LINE
BuzzFeed JapanNews


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.