back to top

福田次官、セクハラ発言否定 続投に意欲「緊張感を持って職務に」

「反省の上で、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」

財務省は4月16日、「週刊新潮」で福田淳一事務次官のセクハラ発言が報じられた問題に対し、同氏が「このようなやりとりをしたことはない」と事実を否定したとする調査書を公表した

新潮社を名誉毀損で提訴する準備を進めているという。

福田淳一事務次官(3月12日)
時事通信

福田淳一事務次官(3月12日)

「週刊新潮」は、12日発売号で「ろくでもない『財務事務次官』のセクハラ音源」と題した記事を掲載。福田事務次官が、会食の席で複数の女性記者にセクハラ発言をしていたと報じた。

翌13日、福田事務次官のものとされる音源をWebサイトで公開。「胸触っていい?」「手縛っていい?」などの発言を聞き取ることができ、更迭や処分を求める声が高まっていた。

「このようなやりとりをしたことはない」

報道を受け財務省は、福田事務次官に聞き取りした内容を16日に公表

「女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」

「業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが(略)週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとりをしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない」

と事実を否定している。

また、「週刊誌報道は事実と異なるものであり、私への名誉毀損に当たることから、現在、株式会社新潮社を提訴すべく、準備を進めている」とも示した。

合わせて、財務省として記者クラブ各社に調査協力を要請。

事実関係の客観的な解明を目的に、報道にあったセクハラ発言を受けた女性記者がいる場合、外部弁護士の調査に協力するよう呼びかけている。

更迭は?

麻生太郎財務大臣は、「このような報道が出ること自体が問題であり、財務省が現在置かれている状況も踏まえ、緊張感を持って行動するように」と厳重注意したという。

福田事務次官の所感として「反省の上で、麻生財務大臣からも注意いただいたように、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」としており、続投の可能性を示唆している。

BuzzFeed JapanNews


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.