back to top

【激闘を制するのは?】GPファイナル開幕直前!男女シングル出場選手をおさらい

激闘を制するのは、誰?

フィギュアスケート グランプリシリーズの最終戦「グランプリファイナル」。いよいよ12月9日に始まります。

男女シングル計12人の出場選手を最新競技写真とともに紹介します。

男子シングル

ロシア大会、フランス大会ともに1位でファイナル進出。昨年のGPファイナルは羽生結弦選手に敗れ2位に終わりましたが、世界選手権は2015、16年と2連覇しています。フリーの楽曲はエルヴィス・プレスリーのメドレーです。

カナダ大会、中国大会ともに1位でファイナル進出。昨年のGPファイナルでは4位でした。今季はショートの楽曲に、ザ・ビートルズ「Dear Prudence」「Black Bird」を使用しています。

カナダ大会2位、日本大会1位でファイナル進出。昨年のGPファイナルでは、自身の持つ歴代最高スコアを超える330点台で1位に。男子シングル初の3連覇を達成しました。

ショートプログラムの楽曲に、今年亡くなったアーティスト、プリンスの「Let's Go Crazy」を使用していることも話題に。同曲を収録するベストアルバムの売り上げにも影響を与えているようです。

アメリカ大会1位、ロシア大会2位でファイナル進出。昨年シニアデビューし、初出場のGPファイナルで銅メダルを獲得しました。今年の活躍も期待されます。

フランス大会4位、日本大会3位でファイナル進出。今年シニアデビューしたばかりの17歳ですが、ルッツとフリップの4回転を含む超高難度の構成をこなしています。

アメリカ大会3位、フランス大会3位でファイナル進出。1月の全米選手権は8度目の挑戦で初優勝。3月の世界選手権では自己ベストを更新して6位に入賞しました。

女子シングル

カナダ大会、フランス大会、ともに1位でファイナル進出。昨シーズンシニアデビューし、GPファイナル、世界選手権ともに優勝している、17歳にして名実ともに世界女王です。

セーラームーンなど日本のアニメが好きなことでも有名。最近はフィギュアスケートを題材としたアニメ「ユーリ!!! on ICE」に夢中なようです。

ロシア大会、日本大会、ともに1位でファイナル進出。昨年のGPファイナルは出場を逃しましたが、世界選手権、欧州選手権で銅メダルを獲得。ファイナル出場の女子6人のうち4人を占めるロシア勢の中でも、特に勢いのある1人です。

ロシア大会2位、中国大会1位でファイナル進出。昨年のGPファイナルでは銅メダルを獲得しています。

カナダ大会2位、中国大会2位でファイナル進出。怪我を乗り越え、初のGPファイナル出場となりました。

フランス大会2位、日本大会3位でファイナル進出。今年シニアデビューした16歳の新星が出場権を手にしました。

カナダ大会3位、日本大会2位でファイナル進出。日本女子のGPファイナル出場はこれで16季連続となりました。

2月の四大陸選手権では、ショート、フリーともに自己ベストを更新し、国際大会で初優勝。昨年のGPファイナルでは銀メダルを獲得しています。

GPファイナルの放送予定はこちら

  • 9日(金)午後8時〜:男子ショート
  • 10日(土)午後6時56分〜:女子ショート
  • 11日(日)午後7時58分〜:男女フリー&エキシビション

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.