back to top

いつもの折り鶴が芸術品に。美しすぎる“透ける折り紙” Twitterで話題

どんな風に使いたい?

画材屋「トゥールズ新宿店」のツイートは1万回以上RTされる反響です。

【新宿店】レーザー加工技術を駆使して作られた、信じられないほど美しく繊細な折り紙『千代切紙』が入荷しました(@_@)一枚一枚精巧にカッティングされた日本の文様がステキ・・!折り紙としてはもちろん、熨斗のようにくるりと巻いてラッピン… https://t.co/H7ATw8ObMm

BuzzFeed Newsは「千代切紙」の企画・開発元、バックストリートファクトリーの臼井基樹さんにお話を聞きました。

最大の特長は、なんといってもレーザー加工の技術の高さ。荒川区の印刷加工会社ロッカが加工を担当しています。

レーザーカットは熱で焦げやすいのですが、真っ白な紙にも焦げがつくことなく仕上がっているのがわかるでしょうか?

最新技術と、日本の伝統を組み合わせたところもこだわり。「麻」「籠目」「千鳥」など伝統的な文様を、切り絵作家でもあるデザイナーがパターンにおこしています。

折り紙にとどまらず、さらなる商品展開も検討中。透け感と高級感を生かし「包装紙や企業・商品とコラボしたデザインも作っていければ」と話します。

「例えば、高級なチョコレートのパッケージ、日本酒のラベルなんかに使ったら素敵だなぁって……。さまざまな使い方、これから考えていきたいです」

色は全9色、価格は1枚350円、3枚セットで900円(税別)。トゥールズ新宿店では現在欠品中ですが、今後入荷次第、店頭やECサイト「コトラモノラ」で販売予定とのことです。


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.