2020年4月1日

    新型コロナで休業中のフランスのオーケストラ、約50人が自宅で「ボレロ」をリモート演奏する。

    一人ずつの演奏が重なって、ひとつの曲が生まれることがよくわかります。1日も早く演奏会ができる日が来ますように…!

    先日、新日本フィルハーモニー交響楽団による「遠隔パプリカ」演奏を紹介しましたが、海の向こうからも素敵な音楽が届きました。フランス国立管弦楽団の楽員たちが、自宅で「リモート演奏」する動画を公開しました。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    フランスでも猛威を振るう新型コロナウイルス。国立管弦楽団も、演奏会や練習の中止を余儀なくされています。

    自宅にいる楽員たちの演奏を、ラジオ・フランスの音楽・創作部門のディレクターが多重録音形式でまとめたのがこちらの動画。ひとつひとつの楽器が重なる様子がよくわかります。

    曲は、日本でもおなじみのモーリス・ラヴェルの「ボレロ」。力強いメロディは、聞き覚えがある人も多いはず!

    まずは演奏者が一人ずつ自己紹介。

    家の中だったり、外だったり、個性がありますね🎻

    静かなイントロは3人でスタート。

    少しずつ人数が増えていきます。左下の赤いドラムに書いてある「STAY HOME」がチャーミング!

    金管楽器も入ってきました。わくわく。

    演奏パートが加わると画面分割も増え、音も重なっていきます。

    こんな風にオーケストラを見ることがないので新鮮。踊るようにティンパニを叩くおじさまがかわいいです👏

    最終的には49人に😍✨

    3月29日にアップされた動画は 日本時間4月1日時点で65万再生を突破。同楽団は「楽員はみな自宅にいますが、一緒に音楽を奏でることに障壁はありません」とツイートしています。

    Les musiciens de l'Orchestre @nationaldefce jouent le #Boléro de #Ravel ... chez eux... Il n'y a pas de barrières pour faire de la musique ensemble ! 🥁🎻 https://t.co/g2z4kxvUwJ @radiofrance @francemusique @Maisondelaradio

    世界各地のオーケストラにとってはまだまだ大変な日々が続きそう。1日でも早く日常を取り戻せることを祈ります…!


    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form