• womenjp badge

「自分の体を好きになりたい」カメラを通して自分のコンプレックスと向き合ってみた

表現したいのは「自信に満ちた姿」💐

人は誰しも、コンプレックスを抱えてしまうもの。

Malte Mueller / Getty Images

他人にとっては些細でも、自分にとっては気になって仕方ないこともあります。

今まで気にならなくても、人と比較したり人から指摘されたりして、コンプレックスに変わることもあります。

コンプレックスをなくすのは、なかなか難しいですよね。

そこで今回、3人の女性が自分のコンプレックスと向き合うため、「コンプレックス」をテーマに写真撮影を行いました。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

1人目の女性、シキータさんのコンプレックスは「ニキビと肌のシミ」。

BuzzFeed

気になり始めたのは高校時代からだそうです。

「今思えば、当時はまだマシだったから気にしていたのがバカみたい」シキータさんはこう話します。

2人目、チェスカさんのコンプレックスは「右腕」。

BuzzFeed

チェスカさんはリンパ浮腫の右腕がコンプレックスだそうです。

日常生活ではそこまで気にならないものの、写真を見るとどうしても気になってしまうようです。

3人目、ニーナさんのコンプレックスは「胸」。

BuzzFeed

胸がコンプレックスだと話すニーナさんは、思春期からずっと気にしていて、服装で体型を隠していたそうです。

そんな彼女達が今回、写真撮影に込める思いとは?

「撮影を通して、自分を客観視したい」

BuzzFeed

「私の腕について言う人に、『これが私。他の人と変わらない』そう見せたい」

BuzzFeed

「自分の体を好きになりたい。自分を褒められるようになりたい」

BuzzFeed

それぞれの思いを胸に、いざ、撮影の時間。

BuzzFeed

仕上がりが気になるシキータさん。

BuzzFeed

インスタに載せられる写真を期待するチェスカさん。

BuzzFeed

コンプレックスを好きになれるようにと願うニーナさん。

BuzzFeed

果たして、写真の仕上がりはいかに!? 3人はコンプレックスと向き合えたのでしょうか。ぜひ動画で見てみてね!

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com