すみませんナメてました。ニューヨークにある寿司屋の粋なこだわりに脱帽した

    「ただ食事を食べる場ではなく、ショーとして、総合芸術としてすべてを楽しんでもらいたい」

    アメリカ・ニューヨークに店を構える江戸前寿司「Sushi Noz

    店主の阿部望さんは、板前歴約20年です。

    今回、BuzzFeedは阿部さんのお店に対する想いや、寿司へのこだわりについて聞きました。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    「うちで使ってる魚の90%はだいたい日本、豊洲から来ている」

    「その魚のいちばんいい部分を出してやることが料理人の仕事」

    「ただ食事を食べる場ではなく、ショーとして総合芸術として人々に楽しんでもらうこと」

    客の五感を刺激する「魅せる演出」

    「お客様の笑顔を見る時が、いちばん僕らにとって嬉しいこと」

    「僕らの仕事は正解がない仕事」

    寿司職人としての1日、そしてニューヨークで親しまれているこだわりの江戸前寿司についてはこちらの動画をチェックしてみてください。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com