“インスタ映えワイン”って味はどうなの?水色のワインを飲んでみた!

    ブルーに、ブラックに、オレンジのワイン。

    ブルーワインをご存知ですか?インスタ映えにぴったりのワインです。

    こちらはブラックワイン。 ブラックアイスクリームブラックハンバーガーが懐かしいですね。

    さらにこちらはオレンジワイン。味が気になります。

    記事の執筆のために、同僚と飲んじゃいました。

    NBC

    : ワインには少々うるさい方ね。格式張った振る舞いができるなんて意味じゃなくて、味については選り好みするってこと。安物のワインなんて勘弁して。

    マリエ:フランスのボルドーで育ったの。だからワインについては詳しいかもね。古くていいワインのテイスティングしかしたことがないんだけど。

    ミシェル: 大学生のときは2ドルのワインばっかり飲んでた。今では、ローズワインを飲むような大人になったかな。

    ジェシー: 料理学校に通ってた3週間、ワインについて勉強させられた。土壌とか、地形とかも習ったけど、全く習得できず、今もそのまま。成績だってCで、ワインのエキスパートなんて遠い存在だね。

    まずはブルーワインから。

    公式サイトによると、まず赤ワインと白ワインを混ぜる。そしてワインに使われるぶどうの皮から、インジゴとアントシアニンを抽出して色付けしたんだって。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    そのお味は???

    NBC

    あっっっまい!!!砂糖がすごくて、人工的な味がする

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ジェシー: 青色のゲータレードみたいね。ティーンエイジャーみたいに誰かのガレージから盗んだワインみたいな、エグい味がする。

    ミシェル: いつものより、かっこいい味がするね。(鮮やかで青いグラスをインスタに載せてたからね)

    マリエ:コクも、酸っぱさも、後味も皆無ね。ゲロゲロ。

    : 気持ち悪くなった。

    結論:飲んじゃダメ。ゲータレードで十分。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    気を取り直して、ブラックワイン。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ブラックというより、すっごい濃いレッドワインね。フランスのカオールのレッドグレープとジョージアのサペラヴィから出来てるって。

    なんか想像通り。すっごくコクがあって辛口な味。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ジェシー: ブルドーザーみたいなワインだね。クリームソースを付けたステーキとかと合いそう。

    ミシェル:二日酔い気分になるワイン。

    マリエ: 分かる。もしグラス一杯飲んだら、頭痛になりそう。

    私: 決して嫌いではないかも。もし寒い冬の夜に、たっぷりの食事と一緒に出されたら、喜んで飲んでしまいそう。でも、飲む場所とタイミングは選ぶね。

    いよいよ、最後。オレンジワイン。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    Wine Follyによると、オレンジワインは、白ブドウを皮ごと長時間漬け込んだワイン。実は世界中で飲めるそう。

    味について議論中。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ジェシー: 海みたいな味がする。

    ミシェル :嫌いじゃない。すごい辛口だね。

    マリエ :あ、これムリ。

    :悪くない。このボトルはちょっと甘い感じがして、好きではないかも。ローズワインにコクと辛さを加えた感じかな。

    まとめ

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ブルーワイン:ダメ。飲むのは避けて。

    ブラックワイン:マルベックとかのフルボディのレッドワインが好きなら、試す価値あり。フランスのカオール産のワインだけじゃなくて、アルゼンチン産のレッドワインも探してみてね。

    オレンジワイン:ロゼワインが好きな人と、ワインの幅を広げてみたい人はトライしてみるのもいいかも。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:藤原哲哉