めちゃうま!人気チェーン店の看板メニューを自宅で再現してみた

    そして、そう。隠し味があるんですよ。

    Charlotte Gomez / BuzzFeed

    こんにちは。BuzzFeedフードチームのハンナです。料理すること、食べることが大好きな私は、レシピのインスピレーションを得るためにPinterestをたくさんチェックしています。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    最近、私がよく見ているのは再現レシピです。マクドナルドのような、チェーン店の人気メニューを再現したものです。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    節約したい人、あるいは大好きな店が近所にない人にとってはまさに天からの恵み。

    私は疑問に思い始めました。レストランの人気メニューを自宅で再現することは、実際にできるのか?本物さながらに再現するにはどうしたら良いのか?

    Nickelodeon

    そこで、Pinterestで最も人気のあるいくつかの再現レシピを試してみることにしました。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    確実に全国各地(あるいは少なくともほとんどの州)に支店があるレストランの料理を選んで、実際に作ってみました。

    1. マクドナルドのマックグリドル

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    子どもの頃、マクドナルドの朝食は私たちにとってご馳走で、マックグリドルやマックマフィン、さらには早朝のマックナゲットを食べるのは特別なことでした。

    今でも私の婚約者にとって、マックグリドルとハッシュブラウンは罪深いご馳走です。

    材料

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    マックグリドルはシンプルな料理です。

    2枚のふっくらとした丸いパンケーキをパンの代わりに使った朝食用サンドウィッチとでも言ったところでしょうか。

    そこに卵、チェダーチーズ、それとソーセージかベーコンを挟みます。

    パンケーキの上には、甘いメープルシロップを細くふりかけます。

    ステップ1:ベーコンを焼き、パンケーキを作ります。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    自家製マックグリドルは、意外と簡単です。

    でも、ベーコンを焼く間にパンケーキを作り、卵を調理するので、ちょっと時間がかかります

    私はパンケーキミックスを使って調理時間を短縮しました。

    ステップ2:調理済みの食材で、サンドウィッチを組み立てます。

    2枚のパンケーキの間に、両面半熟に焼いた卵(またはスクランブルエッグ)、カリカリに焼いたベーコン、チェダーチーズを挟み、メープルシロップをふりかけます。

    ステップ3:サンドウィッチをフライパンに戻し、チーズが全体的に溶けるまで1~2分間熱します。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    自分を褒めたくなる出来です。

    自家製マックグリドルはかなり上出来で、味は本物とほぼ同じでしたが最大の違いはパンケーキでした。

    マクドナルドのパンケーキは分厚く、見栄えが良く、具材をしっかりと挟みこむことができますが、私のパンケーキはちょっと薄っぺらいですね。

    その一方で、私が調理した卵は本物よりずっと美味しかったです。

    自分で調理した卵のおかげで、この朝食用サンドウィッチ全体の味に高級感が出て、より新鮮な仕上がりになりました。

    本物と食べ比べた結果:引き分け

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    この贅沢な朝食用サンドウィッチを食べてみたい方は、家で作ってみてください。

    本当においしくて味も本物と同じですが、食材は本物より上質になっています。

    レシピ(英語)はこちら。

    2. イケアのスウェーデン・ミートボール

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    あぁ、イケアよ。

    宝物がぎっしりと詰まった、巨大で素晴らしいスウェーデンの店。

    家具を求めてイケアに出かける人がいる一方で、ミートボールを求めて出かける人もいますよね。

    でも私を含む大勢の人にとって、イケアに行くのは簡単なことではありません。

    ニューヨーク市に住んでいるため、地下鉄に長々と揺られるか、イースト川をフェリーで下らなければなりません。

    イケアで販売しているのとよく似たスウェーデン・ミートボールを自作できればどんなに良いか。

    そこで私は、フード系ブログのThe Recipe Criticで、絶対に試してみたい再現レシピを見つけました。

    材料

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    このレシピでは牛ひき肉のみ記載してありますが、おいしいミートボールには牛豚の合い挽きを使うべきだと私は固く信じているので、レシピの指示から少し逸れました。

    フライパンでミートボールを焼く間に、グレービーを並行して煮立てることで調理時間を短縮できます。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    肉を団子状に丸めて、オリーブオイルとバターをひいたフライパンに並べ、きつね色になるまで焼きます。

    同時に、グレービーとクリーム、ビーフブロス、ディジョン・マスタード、ウースターソース、小麦粉、それからスパイスを少々合わせて混ぜます。

    ミートボールに完全に火が通ったら、グレービーの中に投入します。

    ミートボールはおいしく、自家製らしい味わいでした。でもイケアのものにより近づけるためには、もっと小さく作るべきでした。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    大きさ以外では、食感も本物とは少し違っていました。

    イケア版のミートボールは完全な円形で滑らか、そしてやや弾力があります。

    私のはもう少し噛み応えがありました。でも外側はカリっとしていながら中は超ソフトで、本格的な味がします。

    ミートボールだけで判断すれば、自家製バージョンの方が私の好みでした。

    勝者: イケア

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    でも、イケアが並外れているのはグレービーなのです。

    イケアのソースはクリーミーでありながら、とても味わい深い。

    私のソースはやや味気なく、コクが強すぎました。

    イケアの小さなスウェーデン・ミートボールを1皿丸ごと平らげることは恐らくできますが、自家製のグレービーではクリーミーすぎてとても食べきれませんでした。

    そうとは言っても、イケアのミートボールが食べたいのに店まで行けないなら、自家製ミートボールで十分です。

    レシピ(英語)はこちら。

    3. タコベルのクランチラップ

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    私はタコベルが大好きです。

    タコベルは他のレストランチェーン店よりも多く、カルト的な人気を集めているように感じます。

    タコスとブリトーは家で簡単に作れるのに、なんでタコベルがそんなに美味しくて再現するのが難しいのか知りたいと思いました。

    私のお気に入りのフード系サイト、Damn Deliciousで タコベルの有名なクランチラップのレシピを見つけました。

    材料

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    手の込んだ行程は何もありません。

    柔らかいフラワートルティーヤと固いタコシェルの両方、牛ひき肉(あるいは自分が好きな具材なら何でも)、ナチョチーズ、マヨネーズ、それからいつものスタンダードなタコス用トッピングが必要です。

    最大の難関は、クランチラップを折りたたむこと。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    タコベルの従業員の手さばきをこっそり見ると、タコベルのトルティーヤは異常に大きいということに気がつきました。

    少なくとも食料品店で買えるフラワートルティーヤの2倍の大きさです。

    この問題を解決するため、私はフラワートルティーヤを2枚使って端を折りたたみました。

    それとタコベルではパニーニプレスを使っていますが、私はバターを少し引いたフライパンに戻してチーズが全体的に溶けるまで熱しました。

    その結果は最高でした。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    まず目からうろこが落ちました。

    タコベルは本当に素晴らしい、そしてそのことを世間に言いふらしたい。

    クランチラップはシンプルながら、とても食べ応えがあります。

    歯応えが良く、クリーミーで、風味が良く、満足感バッチリです。

    でもほんの少し手間をかければ、家で再現するのはそこまで難しくはありません。

    角切りトマトからトルティーヤまで、自家製バージョンのすべての食材が新鮮でした。

    でも私が一番気に入っているところは、自分で作ったクランチラップをガツガツ食べても、まるでタコベルで食べている時のように罪悪感を感じなかった点です。

    勝者:自家製バージョン

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    断然、タコベルのクランチラップより自家製派です。

    タコベルは、トルティーヤを持ちやすく折りたたむ点に関しては、ずっと上ですが、「習うより慣れろ」というでしょう。

    私が作ったクランチラップは、タコベルのクランチラップの「ファーム・トゥ・テーブル(farm-to-table)」版のような味わいでした(何も言わないで。私だってこれをタイプしながらドン引きしてます)。

    タコベルの良さももちろんあります。早くて、安くて、とってもおいしい。

    料理する時間があるなら、ぜひ家で作ってみてください。

    レシピ(英語)はこちら。

    4. レッドロブスターのビスケット

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    白状します。私はこの記事を書くまでレッド・ロブスターに行ったことがありませんでした。

    でも、みんながレッド・ロブスターのチェダー・ベイ・ビスケットを絶賛するのを長年聞いてきました。

    私はビスケットが大好き。それに家でとても簡単に作れますよね。

    そこで、人々に愛されるレッド・ロブスターのビスケットを試食して、それから自宅のキッチンで再現してみようと思い立ちました。

    この任務を遂行するためには、私にとって最大の恐怖、タイムズスクエアと向き合わなければなりません。

    しかし、私の決意は固まっていたので、スニーカーの靴ひもを結び、テイクアウトのビスケット1袋を求めて、賑やかで騒々しく、不潔なニューヨーク市の中心まで進撃したのです。

    材料

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    Damn Deliciousというブログのレシピに従って、私はビスケットを作りました。

    結果、家でとても簡単に作ることができました。

    オーブンで約20分間焼けば、温かいパイ状のビスケットが完成します。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    このレシピで私が気に入っていて、本物と少し違う点は、バターとパセリとニンニクのグレーズです。

    これは本当に 🔥🔥🔥で このビスケットを何段階もグレードアップさせています。

    私のビスケットの食感は本物と比べてややぎっしりとしていますが、チーズ感もコクも上回っていました。

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    私のビスケットはレッド・ロブスターのバージョンと比べて、軽くもフワフワでもなかったです。

    実際、やや味が単調で、もっとベーキングパウダーを入れた方が良かったかもしれません。

    でも本当においしかったです。

    超チーズ感があり、バターたっぷりで、文字通り口の中でとろけるビスケットでした。

    勝者:自家製

    Hannah Loewentheil/BuzzFeed

    ごめんねレッド・ロブスター。

    でも自家製ビスケットに軍配が上がりました。

    個人的には、重みがあってチーズの風味も強めの自家製ビスケットがとても気に入りました。

    それに、あのガーリック・バターの追いがけ、これが最高。

    最大の違いは密度です。

    サクサクとしたパイ状の、ホロホロと砕けやすいビスケットがお好みなら、レッド・ロブスターをおすすめします。

    でも、おいしいビスケットが家であっという間にできるということも知っておきましょうね。

    レシピ(英語)はこちら。

    あなたのオススメ再現レシピがあったら、下のコメント欄にぜひ教えてください!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。