絶対行くべき!完全に過小評価されている世界11の食の都

    パリ東京だけにとらわれないように。

    1. オアハカ、メキシコ:素晴らしい屋台の食べ物と、ありとあらゆるメスカルを味わうことができる。

    2. メルボルン、オーストラリア:新鮮な農場直送の食材とインスタ映えする料理の数々。

    3. リヨン、フランス:肉を中心とした、昔ながらのフランス料理の究み。

    4. 大阪、日本:活気あふれるフードマーケットとお財布に優しいソウルフード。

    5. テルアビブ、イスラエル:ヨーロッパ、中東、地中海、そして北アフリカの味わいの多様なるつぼ。

    6. モデナ、イタリア:自家製パスタ、赤のスパークリングワイン、そして夢のパルミジャーノ・レッジャーノ。

    7. リマ、ペルー:とても新鮮なシーフードとアジア風アクセントが利いたラテンアメリカの郷土料理。

    8. バンクーバー、カナダ:世界中の食べ物をあらゆる価格帯で。

    9. オアフ島、ハワイ:完ぺきなビーチを背景にした肩肘張らないソウルフード。

    10. サン・セバスティアン、スペイン:冒険好きな食通と熱狂的な高級レストランファンに。

    11. トビリシ、ジョージア:ヨーロッパとアジアが融合した料理と歴史に深く根差したワインシーン。

    この記事は英語から翻訳されました。