Updated on 2020年3月16日. Posted on 2020年3月10日

    筋トレを極めたら、究極の食事法が爆誕した話

    筋トレのプロが考案した、ある食事方法が「画期的すぎる」とTwitterで話題になっています。おすすめの筋肉レシピも聞きました。

    筋トレを極めると、この境地に達するのか!!

    ある男性のツイートが「すごすぎる」と、話題になっています。

    1万4千以上リツイート、5万9千以上いいねを集め(3月10日現在)話題になったその投稿とは……?

    普通の電車内の様子と思いきや……ん???

    REAL WORKOUT提供 / Via Twitter: @realworkout_ch

    写真をよく見ると、男性の膝の上にはまさかの炊飯器が……!!

    「筋トレしまくると消費エネルギーが摂取カロリーを軽々上回るため、毎日炊飯器を持ち歩いています」というコメントとともに投稿されたこちらのツイート

    リプ欄には「すごすぎw」「レシピが気になる!」などの声が集まりました。

    BuzzFeed Newsは炊飯器の持ち主、高田大輝さん(30)を取材しました。

    パーソナルジム「REAL WORKOUT」で、トレーナーをしている高田さん。

    日々、自身のオリジナルメニューでトレーニングをしているのですが、筋トレ時の食事にこんな悩みを抱えていたと語ります。

    「たくさんの量を摂取する上で、お弁当箱だと冷めて美味しくないうえ、胸肉などがパサパサになってしまうため、いい方法を探していました」

    そこで思いついたのが、炊飯器をそのまま持ち運ぶというこの方法。数々の利点があるそうです!

    ・常にどこでも温めて食べられる。
    ・1日分の大量の摂取量がノルマで、この中にあるものを食べればクリアになるのでわかりやすい。
    ・そのまま調理できる。
    ・持ち運びが楽。
    ・たくさんのタッパーを持ち運ぶと発生する、詰め替えや洗う作業がいらない。

    ・電子レンジで温める必要がない。

    また高田さんは「お腹が減ってから食べると血糖値が下がり、体内のエネルギーが不足してしまうので、いつでもすぐに食べられるこの方法が便利でした」と語りました。

    筋トレのプロだからこそ思いついた方法だったんですね!

    この日のメニューは「筋肉鶏もち」💪

    REALWORKOUTさん提供 / Via Twitter: @realworkout_ch

    レシピは以下の通りです。

    1. 炊飯器に胸肉を2キロ入れる
    2. その上から餅を2キロ入れる
    3. みりんとめんつゆとオリオーブオイルを好きだけ入れる
    4. 炊飯器で炊く

    ポイントは、「保温しないで置いておくともちが硬くなってしまうので食べる数分前に保温しておくこと」なのだとか。

    お好みによって、ニンニク、カレー粉、チーズ、などアレンジを加えると、「もっと最高」とのことです!

    「卵30個かけご飯」など、インパクト大な炊飯器レシピも!!

    普段、ご飯は家かジムで作り、「食べる時間になったら、家、ジム、公園など、どこでも止まって食べる」という高田さん。

    炊飯器ごはんのレシピの1番のこだわりは「とにかく1日分のカロリーと、PFC摂取量(タンパク質、糖質、脂質の栄養バランス)を守ること」とのこと。

    今回投稿した「筋肉鶏もち」の他にも、「卵30個かけご飯、プロテインパンケーキ、親子丼、カツカレー、ビーフシチュー」など、炊飯器レシピはレパートリーも豊富なようです!

    「史上最強の自分」になるために。

    Zhudifeng / Getty Images

    (イメージ画像)

    炊飯器を持ち運んでいる時の、周り反応はどうなのでしょうか?

    
「トレーニング仲間には、『頭良い』や『そんな手があったか』と言われますが、一般の人には『頭がぶっ飛んでる』と言われます。笑われたり写真をお願いされることが多いです」

    ジムの公式アカウントが投稿したツイートの反響を受け、高田さんは「何で反響をよんだのか、いまいちわかりません」と少し戸惑いながらも、今の思いを語りました。

    「(投稿を見て)たくさんの人たちが『今の自分を変えたい!』『よーし今日もworkout頑張るぞー』と思ってくれたり、心が平和に、豊かになったりしてもらえたら幸せです。私も、全てのことに関して史上最強の自分になれるように頑張ります」

    Contact Hana Shimada at hana.shimada@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here