完全にSF映画のセットじゃん...!会社員の部屋のビフォーアフターが異次元すぎた。

    SF映画が好きすぎて、自室を映画のセットのようにアレンジした人の写真がTwitter上で話題に。「圧倒的にかっこいい」と言われた、究極のSF部屋とは?

    SF映画の世界の中で生活したい……。

    SF映画ファンなら誰もが一度はそんな夢を持つのではないでしょうか?

    そんな夢を叶えた、ある人のツイートが5万5千以上のリツイートと、47万5千以上の「いいね」を集め(12月8日現在)話題となっています。

    あまりの完成度に、リプ欄でも「圧倒的にかっこいい部屋」「理想形だ……」などの羨望の声が止まらない、究極のSF部屋がこちら……!!

    こちらが、お部屋のビフォー画像。

    SUKEさん(@suke_arts)提供

    なんの変哲もない、約9畳の1室がとんでもない進化を遂げます。

    アフターがこちら……!!!

    SUKEさん(@suke_arts)提供

    神秘的な照明が散りばめられ、部屋全体が近未来のような世界観に様変わり!

    細かい家具周りも、しっかりアレンジ

    SUKEさん(@suke_arts)提供

    家具は全てSiriでコントロール可能で機能性も◎!

    SUKEさん(@suke_arts)提供

    部屋の家電は全て、Siriでコントロール可能というこだわりよう。「電化製品が多いため、配線の取り回しに苦労しました」

    BuzzFeed NewsはツイートをしたSUKEさんを取材しました。

    イラスト制作、写真撮影、映画鑑賞などが趣味の、会社員のSUKEさんは、元々SF映画が大好きで、「自らが生活する空間も、作品に登場する近未来的な場所なら素敵だと思い」、自室のアレンジを思い立ちました。

    元の部屋の面影がほとんどないほどの大変身ですが、「工事や改造はなにもしていない」ため、引っ越してから3日ほどでほぼ完成したといいます。

    映画「ブレードランナー」などを参考に、部屋をアレンジ。

    参考にした作品は、映画「ブレードランナー」と、Netflixのオリジナルドラマシリーズ「ストレンジャーシングス」に登場する「スターコート」という施設です。

    ちなみに完成した部屋を、家族や友人に見せたところ、「こんな部屋で落ち着けるの?」と心配されました。

    SUKEさんはTwitterでの反響を受け、こう答えます。

    「最初は100いいねくらい貰えたら良いなという軽い気持ちだったので正直驚いています。色々なご意見が見られて楽しいです」