原爆の日、2人の小学生が世界に伝えた「戦争をおこさない未来」への思い

    被爆74年目となった広島「原爆の日」の平和記念式典で、2人の小学生が平和への誓いを述べた。そこには、二度と戦争をおこさない未来への想いが込められていた。

    8月6日、広島は被爆74年目の「原爆の日」を迎えた。

    時事通信

    原爆の日を迎えた原爆ドーム

    原爆投下の被害で、1945年12月末までに約14万人が死亡したと推計されている。

    原爆の恐ろしさ語り継いできた被爆者の平均年齢は今年で82.65歳となった。

    8月6日にとり行われた平和記念式典では、小学6年生の金田秋佳さん(広島市立落合小)と石橋忠大くん(広島市立矢野小)が、こども代表として「平和への誓い」を読み上げた。

    そこには、「二度と戦争をおこさない未来」への想いが込められていた。以下、全文を掲載する。

    時事通信

    平和への誓いを読み上げる金田秋佳さん(右)と石橋忠大くん(左)

    ~「平和への誓い」~

    私たちは、広島の町が大好きです。
ゆったりと流れる川、美しい自然、
「おかえり。」と声をかけてくれる地域の人、
どんなときでも前を向いて生きる人々。
広島には、私たちの大切なものがあふれています。

    時事通信

    手を合わせる人びと

    昭和20年(1945年)8月6日。
あの日から、血で染まった川、がれきの山、皮膚がはがれた人、たくさんの亡骸、
見たくなくても目に飛び込んでくる、地獄のような光景が広がったのです。
大好きな町の「悲惨な過去」です。
被爆者は語ります。「戦争は忘れることのできない特別なもの」だと。

    私たちは、大切なものを奪われた被爆者の魂の叫びを受け止め、
次の世代や世界中の人たちに伝え続けたい。
「悲惨な過去」を「悲惨な過去」のままで終わらせないために。
二度と戦争をおこさない未来にするために。 

    時事通信

    手を合わせる学生たち

    国や文化や歴史、
違いはたくさんあるけれど、大切なもの、大切な人を思う気持ちは同じです。
みんなの「大切」を守りたい。

    「ありがとう。」や「ごめんね。」の言葉で認め合い許し合うこと、
寄り添い、助け合うこと、
相手を知り、違いを理解しようと努力すること。
自分の周りを平和にすることは、私たち子どもにもできることです。

    時事通信

    広島市長の平和宣言後、空に放たれたハト

    大好きな広島に学ぶ私たちは、
互いに思いを伝え合い、相手の立場に立って考えます。
意志をもって学び続けます。
被爆者の思いに、私たちの思いを重ねて、平和への思いを世界につなげます。

    Contact Hana Shimada at hana.shimada@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here