Sponsored

AGA男性型脱毛症の治療は「医療行為」。クリニック選びで押さえるべき3つのポイント

薄毛に悩む者たちに立ちはだかる“クリニックが多すぎて選べない”問題

薄毛は治療できる――医療の進歩により、今やそんなありがたい時代になっている。

「AGA」とは男性ホルモンの影響で起こる脱毛症であり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくのが特徴だ。医学的に根拠のある治療を行わなければ時間と共に症状が進行する病気で、AGAや薄毛に悩む人は成人男性の約3人に1人にあたる1,200万人以上いるともいわれている。AGA治療はそうした多くの男性の悩みを解消し得る有効な治療法なのだ。

ただ、AGAを治療するにあたっては一つ大きな問題が立ちはだかる。それは「クリニックが多すぎて選べない」という問題だ。

ネットで検索すればAGAクリニックやAGAクリニックを比較したサイトなどが無数に出てくるが、サイトごとに情報も異なり、クリニックの数も多すぎて何を基準に選べばいいか迷う読者も多いだろう。最近はオンライン診療を行うクリニックも増えているが、価格の安さやホームページの雰囲気、あるいはオンライン診療で治療が完結するという便利さなどの観点だけでクリニックを選んでしまってもよいものだろうか。

「そういう選び方では満足できるクリニックには出会えないかもしれません」

そう警鐘を鳴らすのはAGA治療・薄毛治療が専門の銀座総合美容クリニックだ(以下、銀クリ)。では、薄毛に悩む人はクリニックをどのように選べばよいのだろうか。AGA診療を専門とする医師に「クリニックの選び方」を聞いた。

①対面診療をしっかり行う

よいAGAクリニックの条件としてまず挙がったのが「対面診療をしっかり行う」ということだ。これだけオンライン診療をウリにするクリニックが多い昨今において対面診療が重要だという主張は意外に感じるかもしれないが、銀クリの医師はこう言い切る。

「AGA治療はまぎれもなく医療行為です。したがって、患者さんの状況をしっかり把握した上で適切な治療を行うことが求められます」

一般的にAGAの治療に使われるのは「フィナステリド」や「ミノキシジル」といった発毛を目的とした治療薬だが、治療薬の選択肢は残念ながらまだ決して多くは無い。AGAの治療はこれらの有効薬が登場したことにより近年初めて可能になった医療なのだ。

そうであれば、「ではその薬さえ処方してもらえればクリニックはどこでもよいのではないか」という疑問が湧いてくる。ところが、そこにこそAGA治療の「落し穴」があるのだ。

「同じ薬を処方しても、薄毛の症状や年齢・体質や健康面といった患者さんそれぞれの状況や、薬の濃度・服用タイミング、治療の進行に合わせた治療薬の調整といった治療自体のマネジメントにより、効果も副作用も千差万別です。だからこそ症状を直接診て、頭皮を触って、さらにマイクロスコープでも頭皮や毛髪の状態を確認した上で、適切な濃度の薬を適切な服用法で処方する。さらには後日その経過をしっかり確認した上でまた適切な治療アクションを起こす、といった一連の流れが必要になるのです。それを踏まえるとまずは対面診療が第一の選択肢となります」

銀クリでは概ね月に1回のペースで経過観察をしていくが、対面診療であれば患者はオンライン診療よりも精密な治療が受けられる。また、クリニックには「◯◯な状況で✕✕な処方をしたら△△な結果が表れた」といった治療における知見がどんどんたまっていき、当然そうした知見が増えるほど処方の精度も高まることになる。

このように対面診療をしっかり行っているAGAクリニックは患者にとって様々なメリットがあることがわかったが、ではオンライン診療についてはどのように解釈すればよいのか。次の項でそのメリットとデメリットを検証する。

②オンラインと対面を「使い分けられる」ことが重要

パソコンやスマートフォン・電話などで診察を受けられる「オンライン診療」、そのメリットはなんといっても「治療を受けるハードルの低さ」にある。

「なかなか時間が取れない」「出かけるのが億劫」「頭髪を直接診てもらうことに心理的障壁がある」といった場合でも、オンラインであれば治療をはじめやすく継続もしやすい。AGAは早めの治療ほど効果が認められやすい上に長い期間をかけてじっくり治療するものであることを踏まえると、このメリットは非常に大きい。

一方、オンライン診療には残念ながら「詳細な症状がつかみづらい」というデメリットもある。

「オンラインだと問診で患者さんに症状を伺うことはできるのですが、視診と言って症状を目で確かめる部分についてはどうしても限定的です。毛根の状態を拡大して確認するなどの詳細な症状確認はオンラインでは難しいのです。また、触診と言って手で触って髪の量や硬さ・ボリューム感などの変化をみることはオンラインでは不可能です。オンライン診療は対面診療に比べ、どうしても詳細な症状の把握はし難くなります」

近年はオンライン診療を採用するクリニックが大幅に増えているが、背景には政府がコロナ禍を受けて2020年に初診のオンライン診療を時限的に解禁し、さらに翌年6月それを恒久化する方針を発表したことがある。中にはオンラインだけで治療を完結させるクリニックも少なくない。本来は患者のためのはずだった政策が、結果的に対面診療を行わないクリニックや対面診療を行うリソースに乏しいクリニックでも診療を行える事態を招き、逆に患者に不利益をもたらしている側面もあるのだ。

では結局のところ、適切な薬の処方や副作用のコントロールを果たす上でオンライン診療はどう捉えればよいのか。銀クリの医師によると「状況に応じて両者を適宜使い分けること」が重要だという。

「例えば初診は対面で行うのがベターですが、何らかの事情がある場合はオンラインで行い、そのかわり都合の良い時に早めに対面診療も受ける。また、治療を継続していくなかで効果がある程度安定し副作用の心配も少なくなったら利便性を重要視してオンラインに切り替える。逆にオンライン診療をしている時でも、ちょっとお薬の効果が落ち着いてきたり副作用が少し気になってきたら対面診療を受ける。そんな使い分けの仕方ですね」

③医師が患者とのコミュニケーションを大事にしている

AGA治療では医師と患者のコミュニケーションも大事なポイントだ。

ひと口に「AGA治療」といっても悩みの深さや最終的にどこを目指すかは人によって変わってくるだろう。それ故に、医師には患者と治療のゴールをしっかり共有し伴走することが求められる。

治療の効果は日々少しずつ改善していくものであり、患者自身では日々の変化は実感しづらいこともある。だからこそ、写真や科学的なデータとともに効果を実感し、ときには励ましの言葉もかけながら患者に納得感をもって治療に臨んでもらうことが重要なのだ。

銀クリでは基本的に最初のゴールを「写真で比較してはっきりわかるくらい成果が出ること」としている。そのゴールを達成した段階で、そこからさらに髪を増やしていくか、あるいは現状の維持に切り替えるかなどの判断を医師と相談した上で患者本人に決めてもらう。

患者の納得を得ながら治療を進めるためのコミュニケーションについて、銀クリには以下のような確たる方針がある。

「身体に何らかの作用を及ぼす薬を処方しているのですから、なんとなくの効果では納得していただけません。したがって、きちんと目標を定めた上で、来院時には一眼レフで撮影した比較写真を患者さんと見ながら効果をしっかり体感していただくようにしています」

AGA治療は医療行為。だからこそ、正しい治療を受けてもらいたい

銀クリは2022年5月に患者の負担を減らすべく治療費の一部を改定、また同年7月には大阪院を新設したことで関西や西日本の患者が通院しやすくなった。こうした取り組みの根底にはAGA治療に対する銀クリの熱い信念がとうとうと流れている。

「AGA治療が登場したことは、多くの方々の薄毛の問題を解決する価値ある一歩だと捉えています。だからこそ、医療として当たり前の診察診療や治療経過の確認といった“本来あるべき医療行為”が十分になされず、その結果何か問題が起こることでAGA治療自体が縮小してしまうような事があれば、髪で悩む人たちにとって大いなる損失です。そんな事態はなんとしても避けなければなりません。そのためにも、1人でも多くの人に安心で納得できる医療を受けていただき、AGA治療を正しく理解して薄毛の悩みを解消していただきたい。価格改定も大阪院の開院もそんな思いがベースにあります」

AGA治療はまぎれもなく医療行為である。だからこそ、真に患者のことを知り、真に患者とコミュニケーションを図る意志をもつクリニックを重視することが「クリニック選び」における鍵となるのである。

----------

【クリニックデータ】
銀座総合美容クリニック
WEBサイトはこちら
フリーダイヤル:0120-972-335

<東京院>
*2008年の開業以来、東京の1院で185万人(※)を治療
・住所:東京都港区新橋1-9-5 KDX新橋駅前ビル 4・5F
・診療時間(完全予約制・自由診療)
月/火/木/金/土 11:00~20:00
日曜・祝日 11:00~19:00
休診日 水曜日

※2008年4月から2021年8月までの患者数

<大阪院>
・住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル15F
・診療時間(完全予約制・自由診療)
月/火/木/金/土 11:00~20:00
日曜・祝日 11:00~19:00
休診日 水曜日

*費用について(参考目安)
治療開始時初月1,000円(税込)/1ヶ月
2ヶ月目以降(治療・処方内容により異なります) 2,000円〜19,250(税込)/1ヶ月
詳細は銀座総合美容クリニックWEBサイトをご確認ください。

執筆:田嶋章博  編集:BuzzFeed Japan