「とにかくヤバかった体験」がヤバすぎるwww

    嘘みたいだろ。でもな、これ全部本当にあったんだよ…

    海外の掲示板に集まったヤバイ体験談がめちゃくちゃ面白いので紹介します!

    Andreypopov / Getty Images

    1. あおり運転の末…

    imgur.com

    友達の運転で学校に向かっていた時のこと。後ろの車がピッタリつけてきた。うざいなと思っていたら、今度は無理やり追い越そうとしてきた。

    友達も対抗してスピードをあげたら、両車ともに法定速度を40km以上超えてた。カーブに差し掛かったところで抜かれてしまったけど、後ろにいた車はそのまま木に激突。

    さらに最悪なのは、後ろの車を運転していた女子は今日引っ越してきたばかりで、うちの学校の転入生だったってこと。

    —cptnamurica

    2. 新車が嬉しくて…

    彼氏とドライブしている時、前の車が蛇行運転してて危ないなと思って見たら、運転手がセルフィーしながら運転してた。

    と思った瞬間、ポストに激突した。

    車を停めて「大丈夫? 親御さんに連絡しようか?」と声をかけると、少年は「大丈夫です。すぐ後ろにいるんで。めっちゃ怒られます」と。

    クラッシュさせた車はさっき買ってもらったばかりの新車。ディーラーからの帰り道で、親はすぐ後ろを走っていたらしい。

    —dist

    3. めっちゃ大きな忘れ物…

    NBC

    商業用テントの会社で働いているお父さんが、移動サーカスのテントを撤去する現場にいったときの話。

    サーカス団はすでに出発しており、残されたテントを片付けようと中にはいったら、象がいた!。なんとサーカス団、象忘れた!

    その後、連絡して象を引き取りにきてもらったそうです。

    —beckoning_cat

    4. 冷凍された卵子が…

    医療現場で働いていますが。

    ある日、冷凍された卵子の配達がありました。箱にはもちろん「要冷蔵」のシールがはってあったのですが、配達会社はこれを無視。3連休の間、ずっとトラックの荷台に放置されっぱなし。

    数千ドル、そして何十人の努力が水の泡になりました。

    —Doromclosie

    5. 「洗車オプションをつけろ」

    NBC

    バイトしてた洗車屋さんには、レザーやシートに光沢を持たせるArmor-Allという有料オプションがありました。

    ある男性が、洗車ついでにこのオプションを追加。ただ男性の車のシートはとっても高いスエード生地だったので、それができませんでした。

    車を引き取りに来た男性は「なぜできないんだ!」と激怒。できない理由を説明するも、激昂して怒鳴り散らすばかり。するとうちのマネージャーが「では無料でやります。でもいいんですね?」と言い出した。

    その後、上機嫌で車を引き取りに来た男性は、油で色むらができたシートみて顔面蒼白。「…これ直せますか?」って小声できいてきたので、「直せません。だから何度も説明したんです」って言ったら、もっと小さい声で「そうですか…」と帰っていった。

    —LemonFly4012

    6. さよなら、ポルシェ。

    8月の週末。ポルシェ911を持つ友達のお父さんがテムズ川の近くに駐車した。時間を忘れて観光を楽しんでいたら川の水位が上昇。

    みんなの目の前でポルシェが水没していった。

    —lessismoreok

    7. 運転免許…

    Universal Pictures

    免許センターに免許を取りにいったら教習所の駐車場で事故った。

    —PapaBlessUp

    8. 世界一高いクッキー…

    アメリカ大手のクッキー会社をクライアントに持つうちの会社。ある日、クッキー工場見学に行くことになりました。

    あれこれ見てまわって、最後にベルトコンベアで運ばれていく作りたてのクッキーの横を通った時、うちの営業担当が、クッキーを1個とって食べたんです。

    するとクライアントがやって来て「今、ベルトのクッキー食べた?」って真顔で聞きました。営業は無邪気に「美味しいです!」。

    すると規則にない方法でクッキーに触ったとして、ラインは緊急停止。このクッキーがあったバッチはすべて廃棄処理&コンベア消毒のため作業中断。

    以後、数年間仕事もらえなかった。

    —statusquoexile

    9. 試験中に…

    NBC

    大学で持ち込みOKの試験がありました。

    同じクラスの男子が、「持ち込みって結局、カンニングでしょ?」と言い出し、持ち込みノートをウォーターボトルの周りにつけ、そういう柄のボトルっぽくして、あえてカンニングしている風の持ち込みにしてウケを狙ってました。

    テストが始まる頃、ボトルは水滴だらけとなり、ノートの文字は滲み、破れ、結局何も見ずにテストに挑むことになった男子。もちろん落第です。

    —unclemacgyver

    10. 現行犯逮捕…

    Paramount Pictures

    職業は警官です。ある日、酔っ払いが車内で寝ているという通報をうけ、現場へ。

    パトカーのサイレンならしても、光を当てても酔っ払いはまったく起きず。持っていた懐中電灯で、窓をゴンゴンっと叩くと、飛び起きた酔っ払いはパニック状態になってました。

    慌てて車を発進させたかと思いきや、線路に入りこんで身動きとれなくなった。

    飲酒運転で逮捕しました。

    —JC1888

    11. 遺品整理をしたら…

    遺品整理の仕事をしている友達がいます。

    法廷弁護人の依頼で、あるおばあちゃんの家を片付けることになったそうです。家具はもちろん飾られた写真まで全て片付け、家中からっぽに。

    1週間後、弁護人から「もう片付けちゃった?」と電話がありました。「もちろんです」と答えると、「このおばちゃん今日退院するんだけど」って。どういうこと?

    —coconutmax

    12. 洗濯物を干しただけで…

    BBC

    大学学生寮で働いていたとき、洗濯物をあちこちに干しまくる生徒がいました。ある日、消防用のスプリンクラーにひっかけていた洗濯物を取り込むときにアラームが作動。

    10回建ての大きな寮で、スプリンクラーが作動した10階から下層階にどんどん広がり、水浸しに。洗濯物を干しただけで、大学側は寮の修繕費用70万ドル。

    —Jordij94

    13. うんこ見られた。

    NBA

    ロンドンの激混み通勤電車に乗ったときのこと、私はトイレが設置された車両に乗りました。このトイレはボタンで開閉する仕組みで、外には「開」と「閉」の2つのボタンが、中には「開」と「閉」と「ロック」の3つのボタンがあります。

    電車が出発してしばらくすると、男性が1人トイレへ入って行きました。その数分後、またある男性がトイレに来て「開」ボタンを押したら開いたのです。先に入った男性、どうやら「ロック」のボタン押してなかったぽい。

    ゆっくりとドアが開くトイレ。中では男性うんこ中。中腰のまま「閉」ボタンを押しにいく男性。しかし、ドアは1度開ききらないと閉まらない仕組み。

    満員電車の中、この男性は少なくとも約20秒間、うんこ姿を晒したのです。

    —LondonAppDev

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan