• English badge
Updated on 2019年4月11日. Posted on 2019年4月11日

【対訳付き】顔面裂と生きる女性モデルは、私たちに美しさとは何かを教えてくれる

BuzzFeedの海外記事を英語と日本語でお届け!顔面裂を持って生まれたイリカ・ブリュールさんは、美しさとは見た目の完璧さだけではない、誰も自分の外見を隠す必要はないと伝えるため、モデルとして活動しています。(英文の下に翻訳文あり)

【重要単語】

facial cleft: 顔面裂

operation: 手術

cultivate: 助長する、養う

appearance: 外見

self-esteem: 自尊心、自己肯定感

Ilka Brühl is only 26, but she's already shattering traditional beauty standards. Born with a facial cleft that required many operations, she's proving that beauty isn't solely defined by perfectionism often seen in magazines.

Jonas Hafner / Via Instagram: @aufzehengehen

On her website, she explains that social media apps like Instagram pressure people to try and cultivate a "perfect" life. "What you forget so quickly is that these are only selected snapshots that are shown to us," Brühl said.

Timo Barwitzki / Via instagram.com

"It's not just the operations that helped me look more confident in the mirror, but [my] inner attitude," she told Project Grenzenlos. "There is only one way to be ugly: by having an ugly character. No one has to hide their appearance!"

Timo Barwitzki / Via Facebook: timobarwitzki

Back in 2014, Brühl had her first photoshoot with Ines Rehberger that quickly lead to more. She explains that it was a form of "self-therapy [that] gradually changed to the intent to help others."

Timo Barwitzki / Via instagram.com

Brühl's main mission is to help others find a healthy self-esteem, because everyone deserves a happy life.

Jonas Hafner / Via Instagram: @aufzehengehen

"Never let yourself be persuaded that you can not do something," Brühl said — and it's easy to see why this incredible woman is empowering so many people. You can find Ilka over on Instagram!

【日本語訳】

イルカ・ブリュールさんは弱冠26歳にして、美の基準の常識を打ち砕いた。

顔面裂をもって生まれた彼女は、これまでに何度も手術を重ねてきた。

そして今、美しさとはファッション雑誌でみる完璧さだけでないことを、身をもって示している。

ブリュールさんは自身のウェブサイトで「インスタグラムのようなソーシャルメディアの存在により、人々は『理想どおりの完璧な生活を追求しなければ』と重圧を感じている」と語る。「公開されている写真は、厳選されたたった数枚にしかすぎないのに」

「鏡に映る自分に自信が持てるようになったのは、手術のおかげだけでなく、私の心の持ちようも関係しています」。ブリュールさんは自身も参加しているフォトプロジェクト、Project Grenzenlosでそう語っている。

「人が醜い人間になるのはただひとつ、醜い心をもったときだけ。誰も自分の外見を人目につかないよう隠す必要はないんです」

撮影を始めたのは2014年のこと。カメラを担当したのは写真家のイネス・レーベルガーさんだ。撮影を重ねるごとに、「撮られることが自分を癒すプロセス」の一環となり、次第に他の人の助けになれればと思うようになったと言う。

ブリュールさんの今のミッションは、健全な自己肯定感を持てるように誰かの背中を押すことだという。どんな人も幸せに生きるべきだからだ。

ブリュールさん語る。「できない、無理だ、とあきらめたり決めつけたりしないでほしいんです」。

この言葉を聞いていると、一人の強い女性が多くの人を勇気づけているのもうなずける。 イルカ・ブリュールさんのインスタグラムはこちら

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:石垣賀子 / 編集:BuzzFeed Japan

BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form