「妻に捨てられちゃう…」オバマ氏、バイデン政権への入閣を冗談まじりに否定

    オバマ氏が再びホワイトハウスに戻るのでは?と期待する声も、アメリカでは少なくないようですが…。

    混乱していたアメリカ大統領選挙も、民主党のジョー・バイデン氏が当選する見通しとなりました。となると次に気になるのは、バイデン政権の顔ぶれ!

    DNC

    前大統領のバラク・オバマ氏は、自身の政権下で副大統領を務めていたバイデン氏の選挙活動を応援していました。一緒にバスケットボールを楽しむ場面が、ツイッターで話題になっています。

    3ポイントシュートを決め、自慢げなオバマ氏。

    今度はオバマ氏がバイデン政権の閣僚に選ばれるのでは?と期待を抱いている人も、アメリカでは少なくないようです。

    Drew Angerer / Getty Images

    しかし、オバマ氏はその可能性をハッキリと否定しました。

    C-SPAN

    CBSの朝番組「サンデー・モーニング」に出演し、その理由を語っています。

    CBS

    「私にできる形で、彼(バイデン氏)のサポートはしていくつもりです。でも今は、また突然ホワイトハウスで働くような予定はありません」

    ホワイトハウスに戻らない理由は「妻のミシェルさんが許さないから」。

    Scott Olson / Getty Images

    「将来閣僚になる可能性はある?」と司会者に聞かれ、オバマ氏は笑いながら答えました。

    「いや、やらないと思う。ミシェルに捨てられちゃうから(笑)」

    ミシェルさん「え?なんて?またホワイトハウスに戻る?は?」

    Facebook/The White House

    8年間もの歳月をファーストレディーとして過ごしたミシェルさん。きっと苦労も多かったことでしょう。

    The Washington Post via Getty Images

    ミシェルさんの意見を尊重するオバマ氏の姿勢も素敵です👏

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子