back to top

ジェニファー・アニストン「結婚や出産で判断されるのに、もううんざり」

「なぜ人は女性を見るときに、相手を非難するような特定のレンズを通してしまうのでしょう」

その記事の内容はこうだ

この1カ月、私は人々が女性の価値をはかる時、どれほど結婚経験や出産経験をベースにしているのかが、よくわかりました。今、マスコミは労力を使って、私が妊娠しているのかどうか、ということを明らかにしようとしています (もう何度目になるか、数えてもいませんが)。このことから、独身で子供もいない女性は、どこかしら不完全で不成功、また不幸であるという考えが根強いことが見えてきます。でも、私がいま感じていることはこうです。私たちは伴侶や子供の有無にかかわらず、完全な存在だということ。身体面についていうなら、何が美しいのかということは、私たち自身が決めることです。その判断は私たちのものであって、他の誰のものでもありません。

そして、先週、「マリクレール」のインタビューで、ジェニファーはここ数年、自分が置かれていたすべての状況において恥をかかされてきた、と語っている。

私は結婚経験で恥をかかされ、離婚経験で恥をかかされ、伴侶がいないことで恥をかかされ、自分の乳首のことで恥ををかかされたのです。人はなぜ、女性を見るとき、相手を非難するような特定のレンズを通してしまうのでしょうか? そして、私たちもなぜ、それに耳を傾けてしまうのでしょうか?

広告

最後に、彼女はきっぱりと、結婚経験や出産経験の有無で自分を定義されることに、うんざりしていると語った。

私はこのように理解しました。私は人生とキャリアでこれほど頑張ったにもかかわらず、悲しい、子供のいない人間として、定義されてしまうのが現状なのだと。

今私は、自分がやっていることに確信を持っているとは言えません。私は今人生の岐路のような場所にいて、自分の深部のコア部分を呼び起こすものが何なのか知ろうとしています。私を動かしていたものが、今は必ずしもそうではなくなっています。今一番の課題は、私の心が歌いだすようなものを見つけることです。

この記事は英語から翻訳されました。