back to top

演説の名手オバマ大統領が最後に残した印象的な9つの言葉

1月10日夜(現地時間)、バラク・オバマ大統領は地元イリノイ州シカゴで「別れのスピーチ」をした。9つの言葉を写真とともに振り返る。

「外見が違っていても、みんな一緒で一心同体だ。調子の良い時も悪い時も一緒だ」

"For all our outward differences, we are all in this together; that we rise or fall as one."

「外見が違っていても、私たちは誇るべき共通点がある。『国民』という肩書きだ」

"Because for all our outward differences, we all share the same proud title: Citizen."

広告

「ネットの知らない人たちと言い争うのに疲れているなら、現実世界の誰かと話してみてください」

"If you're tired of arguing with strangers on the internet, try to talk with one in real life."

「デラウェア州の自慢の息子になった、スクラントン出身の肝っ玉ガキ、ジョー・バイデンへ。君は最初で最高の候補だったよ。素晴らしい副大統領だったからじゃない。最高の兄弟を得ることができたからだ」

Scott Olson / Getty Images

"To Joe Biden, the scrappy kid from Scranton who became Delaware's favorite son: you were the first choice I made as a nominee, and the best. Not just because you have been a great Vice President, but because in the bargain, I gained a brother."

「信じてください。私ではなく、みなさん自身にある変化を起こす能力を」

"I am asking you to believe. Not in my ability to bring about change— but in yours."

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Eimi Yamamitsuに連絡する メールアドレス:Eimi.Yamamitsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.