back to top

ダブル可愛い!遊び心満点な双子ちゃん寝相アート

明日はどんな夢を見るのかな?

子どものいろいろな寝相をもとに、家にあるブランケットや服を使って写真を撮る「寝相アート」。

InstagramTwitterでは、お母さんやお父さんたちが可愛くて、時には面白い寝相アートを投稿しています。

Instagramで「可愛いツインズ!」「かわいすぎ」と海外でも話題になっているのが、一花ちゃんと太一くん。2歳7カ月の双子です。

双子ちゃんで可愛さが2倍。寝相アートはこんな風に作られています。

@ayumiichi / Via Instagram: @ayumiichi

ロシア人の友人が、自宅にある小物を使って赤ちゃんを可愛く撮っているのを見たのが、寝相アートを始めたきっかけだという大森さん。

双子ちゃんでも、性格はそれぞれ。一花ちゃんと太一くんについて、大森さんはこう語ります。

「一花はとてもひょうきんでいつも笑わせてくれます。しっかりしていて、自分のことは何でも自分で。お手伝いもよくしてくれます」

「太一は愛想がよく、とても甘え上手です。慎重で、一花の様子をうかがいながら自分も同じことをやってみる感じです」

寝相アートを完成するのに、どれくらい時間がかかるのでしょうか?

「眠ってからすぐに制作しはじめて、20~30分ぐらいで撮影まで終わります。1歳半より前にも何度か寝相アートしようと試みた事がありますが、その頃はすぐ起きてしまってました」

少し大きくなってぐっすりと寝るようになってから、寝相アートをする余裕ができたと大森さんは言います。それでも作っている間に起きちゃったりしないのでしょうか?

「1歳半ごろから徐々によく寝るようになってきて、今では寝すぎなのではないかと心配になるくらいです」

不思議なことに、一花ちゃんと太一くんが寝つくタイミングが小さい頃からほぼ同じだと大森さんは話します。

大森さんの一番のお気に入りは、2人がサクランボになっている写真。

「シンプルだけど、2人仲良くぶら下がっているところが双子らしくて気に入っています」

大森さんは、一花ちゃんと太一くんが昼寝から起きたらよく写真を見せると話します。2人からビックリするコメントをもらうそうです。

「2人とも、とても喜んで何度も写真を見ますが、『楽しかったねー!』『またしたいねー!』『ここまた行きたい!』と言って、現実かどうかまだよくわかっていないみたいです」

もしかしたら一花ちゃんと太一くんは、お母さんの次の寝相アートで、どこでどんなことをするのかワクワクしながら夢見ているのかも?

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Eimi Yamamitsuに連絡する メールアドレス:Eimi.Yamamitsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.