back to top

「関わる人が皆ポジティブになれる」 塩谷朋之さんに聞いた顔ハメ看板の魅力

穴があったらハマりたい。

人には誰しも趣味がある。

会社員の塩谷朋之さん(33)の趣味は看板の穴に顔をハメることだ。塩谷さんの投稿した写真が注目され、ついには本になった。観光地などでよく見かける顔ハメ看板の魅力とは。塩谷さんが顔ハメ看板にハマったきっかけとは。BuzzFeed Newsが塩谷さんに聞いた。

その数、10年で2400枚

10年前、塩谷さんは旅の思い出として顔ハメ看板を写していた。

「旅行に行って顔ハメ看板があったら写真を撮ってもらう—最初の2、3年は何も意識しないでいました」

本格的に興味を持ち始めたのは、伊豆大島のとある看板との出会い。「お店のおばさんが嫁いだ30年前からあったと言っていて、ボロボロだけどすごく味のある看板でした。作った人がおばさんが嫁いだ先のお義父さんで、もう体を自由に動かせない。『この看板が壊れたら終わりです』と聞き、今撮らないともう会えないと思うようになりました」

それ以来、「ただのパネルだった看板から、どんどん穴が見えてくるようになったんですよ」と話す。

塩谷さんが10年間で撮った日本国内そしてアメリカや台湾など海外の顔ハメ看板写真は約2,400枚。最近だと年に400枚近くの看板にハマっているという。

ネットや人からもらった情報をGoogleマップに記録し、会社帰りや休日に顔ハメ看板を探しに行くという。あらゆる場所で顔ハメ看板を見てきた塩谷さん。最も意外だったのは、観光地でも名所でもなく、駐車場や無料案内所といったなんでもない場所にまで、顔ハメ看板があったことだと話す。

セルフタイマーをセットし、看板の方へと急ぎ穴に顔をはめるのだが……

Eimi Yamamitsu / BuzzFeed

「これは無理だ」

しゃがんでいた塩谷さんが突然立ち上がった。看板との一体感を見せるために「顔以外の体のパーツが見えてはいけない」がポリシーの塩谷さんにとって、ダルマの下にある穴から体が見えてしまうのが致命的なのだ。

次の看板に移動することにした。

次の顔ハメ看板は2人用。

Eimi Yamamitsu / BuzzFeed

裏から看板を撮っている最中、「これは良い看板。分厚いけど、穴にぴったりハマりそうですね」と批評する塩谷さん。

ベニヤ板で作られている看板でも、穴が丁寧にくりぬかれていないと痛いらしい。「穴のサイズがぴったりハマれるのが良い看板です」。

塩谷さん提供

塩谷さんは、一人で撮りに行っている時、近くにいる人に一緒に看板の穴にハマってもらうよう頼む。意外と協力してくれる人が多いという。

「『えっ』と笑いながらも、一緒にハマってくれる人がすごく多いです。10人に声をかけて、1人に断られるくらいの確率です」

隅にまるで放置されたかのように置かれているような看板でも、塩谷さんがハマっている姿を見た人々が徐々に列を作って撮影し始めたのが印象的だった。

塩谷さんの写真をよく見てみると……

本の出版に際しまして、西荻窪にあります旅の本屋のまどさんにて、トークイベントをやらせていただくことになりました。9月10日です。お時間ありましたら是非。 http://t.co/GCWLulNsrJ

どれも、

顔ハメ看板トークショーにお越し下さった方、来ようとしてくださった方、ありがとうございます。会場の顔ハメ、自分のカメラで撮影するのを忘れていたので、家に帰って再組み立て。また何かやる時に持って行きますので、見かけたらハマってください。

これも、

昨日から北陸顔ハメ旅行に。富山市ファミリーパークさんは看板の置き方まで工夫してあって素敵です。目当ての看板が一枚無くなっていましたが、七枚新設されているという謎のフィーバーが。

無表情だ。

横須賀美術館さんで開催中の、長新太さんの脳内地図展にはスケールの大きい看板が。20代前半くらいの女性が、お父さんにスマートフォンの操作を一生懸命説明して撮ってもらおうとしていて、お父さんのアタフタ振りにこちらも手に汗握りました。

無表情で写る理由について塩谷さんは説明する。「僕は顔ハメ看板が主役だと思っているのに、あまり自分を主張しないでハマるように心がけています」

「ただ埋めているだけなんです、空間を」

看板にハマるときには、看板に敬意を払うのに心がけていることがあるという。「メガネを外すのはマナーみたいな感じがします」。また、アルコールが入るとどうしても表情が出てしまうため、看板にハマる前には一切飲まないという。

「最期は死ぬ時に穴付きの棺桶に入って、そこにある穴にハマる」

Eimi Yamamitsu / BuzzFeed

顔ハメに飽きることはないのだろうか。塩谷さんは、「先がわからないからずっと続けられるんです」と答える。

また、顔ハメ看板のポジティブさの魅力もあり、飽きることがないという。

「楽しんでもらおうと看板を作る人、ハマろうと思う人、撮る人がいる。全ての人が前向きでないとやらないことですよね。ちょっと気分が悪い、会社で嫌なことがあったからハマろう、という人はあまりいないですよね。ハマることで、自分がポジティブなんだと再確認できるのが看板。だから、関わる人が皆ポジティブになれるのが魅力的だと思います」

目標は、「死ぬまで顔ハメ看板にハマっていることです」と塩谷さんは語る。

「最期は死ぬ時に穴付きの棺桶に入って、そこにある穴にハマる。それが希望です」

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Eimi Yamamitsuに連絡する メールアドレス:Eimi.Yamamitsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.