アメリカ大統領選に学ぶ、相手をディスるおとなの英会話

いろいろな場面で使ってみよう!

9月26日の午後9時(日本時間27日午前10時)から、大統領選第1回テレビ討論会がアメリカ・ニューヨーク州のホフストラ大学で行われた。

民主党ヒラリー・クリントンと共和党ドナルド・トランプの初めての直接対決。

クリントンとトランプは、登壇に立つと笑顔で握手をし、挨拶を交わした。

…が、討論が進んで行くにつれて、クリントンとトランプのディスりバトルが繰り広げられた。

「ドナルド。あなたが、あなたの"現実世界"の中に住んでいるのはわかっているけど、事実じゃないから」

直訳すると、「トランプ抜け穴」。

クリントンはトランプの課税案は、トランプのビジネスが「トランプ抜け穴」で得するようになっていると批判。

「誰が命名したのか?」と数回聞き直すトランプ。

「私がこの討論会のために準備してきたことについて、ちょうどトランプが批判してきたけど、ほかに何をしてきたと思う?大統領になるための準備よ」

クリントンの「ドナルドはイラクへの侵略を支持していた」という発言に対して、トランプが「ちがーう」と反論。大事なことなので3回言いました。

でも、クリントンの発言は間違っていなかった

「クリントンより決断力がある。あと、性格も彼女より良い」

トランプが「クリントンは大統領っぽくない」と過去に発言したことについて司会者が質問すると、「クリントンにはスタミナがない」と回答。

クリントンはすぐさま「112カ国を飛び回って和平協定や停戦の交渉をしたり…議会の委員会で11時間も証言したりしてから、スタミナについて言うことね」とトランプを皮肉った。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Eimi Yamamitsuに連絡する メールアドレス:Eimi.Yamamitsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.