• lgbtjapan badge

「レディー・ガガのおかげ」ノンバイナリー公表のサム・スミス、当時を振り返る

去年9月、歌手のサム・スミスは自分の性別を、男性とも女性とも自認しない「ノンバイナリー」だと公表しました。その背景には、偉大な歌手の存在が。

ファッション誌「VOGUE(ヴォーグ)」のYouTubeチャンネルでは、美容にこだわるセレブが、普段のメイクや愛用アイテムを紹介する番組「Beauty Secrets(美の秘訣)」が公開されています。

Lionsgate

最新の動画では、シンガーソングライターのサム・スミスがスキンケアルーティンを紹介。

サムはこの動画で、自分の性自認についても話しています。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

サムは去年9月、自身のツイッターで、自分の性別を男性とも女性とも自認しない「ノンバイナリー」だと公表しました。

Today is a good day so here goes. I’ve decided I am changing my pronouns to THEY/THEM ❤ after a lifetime of being at war with my gender I’ve decided to embrace myself for who I am, inside and out...

「今日はいい日だから、公表します。今日から自分を指す代名詞を(性別を男女のいずれとも特定しない)『THEY/THEM』にします。これまで、ずっと自分の性別と葛藤していたけど、ようやく自分の中身も外見も、ありのままの自分として受け入れられる…」

サム・スミスが、ついに自分らしく生きられることに、感動する人も多くいました。

動画では、ジェンダーについて考えるにあたり、レディー・ガガの存在が大きな支えとなったと話しています。

Vogue / Via youtube.com

「ガガのおかげで、自分の性別を受け入れることができたと思う」

15歳のとき、レディー・ガガに夢中になった。彼女は、自分らしく生きることを全面的に許してくれたし、自分がクィアであることを、誇りに思うこともできた。
それは一種の表現でもあったけど、同時に守れられている感覚にもなった。クィアである自分に自信を持てたおかげで、同性愛嫌悪者やいじめっ子に、「私に近づかないで」と言えるようにも感じた。

レディー・ガガの偉大さが伝わってきます…!

The Hollywood Reporter

インスパイアし合う2人の関係、素敵です❤️

Lady Gaga and Sam Smith
Kevin Mazur / Getty Images

サム・スミスの「Beauty Secrets」のフル動画は、こちら(英語)から。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:アシュウェル英玲奈