back to top

タックスヘイブンめぐる課税逃れ疑惑 世界を揺るがす「パナマ文書」とは

各国の首脳や著名人の名前が報じられ、波紋が広がっている。

updated

これまでにわかっていること

  • タックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万の法人に関するファイル「パナマ文書」を南ドイツ新聞が入手した。
  • 国際調査報道ジャーナリスト連合と各国の報道機関が協力して分析。各国の首脳や著名人、富裕層の課税逃れ疑惑が浮上している。
  • アイスランドでは疑惑を報じられたグンロイグソン首相が辞任した。

アップデート

北朝鮮などへの経済制裁の抜け道に?

パナマ文書の流出元である法律事務所「モサック・フォンセカ」が、米財務省が経済制裁の対象にしている北朝鮮やイランなど33の個人や企業と取り引きしていた、とBBCなどが報じた。モサック・フォンセカが顧客のためにタックスヘイブンに会社を設立し、「顧客がブラックリストに載った後も代理人としてサービスを提供していた」という。

アイスランド首相が辞任を表明

英領バージン諸島に妻が会社を保有していたと報じられていたアイスランドのグンロイグソン首相が4月5日(現地時間)、辞任の意向を示した。パナマ文書をめぐって、首脳が辞任するのは初めて。