横浜観光の定番といえば山下公園 たっぷり一日遊べるプランがこれ

    横浜へ観光に来たのなら、絶対外せないおすすめスポットが山下公園。みどころ、グルメ、バー、そして効率的な回り方を紹介しちゃいます。

    横浜のド定番の観光スポットといえば、そう、海を臨む、山下公園です。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    みなとみらい、元町、赤レンガ倉庫、中華街と数ある横浜の観光スポットの「ど真ん中」に位置し、どこからでも歩いていける距離にある、まさに拠点となる公園です。

    近所にはチューリップの名所で、ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムを抱える横浜公園や…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    ちなみに横浜は、北はみなとみらいから、山下公園、南の方の元町方面まで巡ろうとすると結構な距離があります。シェアサイクル「ベイバイク」で回ると効率的ですよ。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    まずは公園を散策。みなとみらいのビル群と、海のコントラスト。そして大桟橋。この眺めが「ああー横浜にきたんだなー」という実感を呼び起こします。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    緑豊かな園内には、ヨガをやる人や、楽器を爪弾く人、ミニテントでくつろぐ人など、思い思いの時を過ごせます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    海ばかり見ていないで、180度振り返ってみましょう。公園の緑を讃えながら、左手にマリンタワー、右手に老舗ホテルのニューグランド。地元のハマっ子が愛する眺めです。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    まず見て欲しいのが、「氷川丸」。戦前からの歴史あるこの船は、大人は300円で船内をくまなく回れます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    戦前にここ、横浜で豪華客船として建造され、1930年、アメリカ・シアトルと日本を結ぶ定期航路に就航しました。戦中には病院船として駆り出され、戦後すぐは戦地からの引き揚げを担う船として活躍。再び客船として復帰するも、1960年に引退し、今の姿となっています。

    Public Domain

    映画『タイタニック』を思わせる階段があったり…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    チャーリー・チャップリンをはじめ数々のVIPを迎えた特別一等客室や…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    妙に庶民的で落ち着く三等客室や…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    操舵室も見れちゃいます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    機関室には巨大なディーゼル機関があります。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    船のデッキからの眺めもまたよき、です!氷川丸、300円でたっぷり小一時間は楽しめます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    氷川丸に乗ったら、今度は動く船に乗りましょう。横浜港の見所をぐるっと1時間かけて回る遊覧船が、大人1600円で乗れます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    船内の雰囲気はどこか昭和の香りが漂います。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    でもインスタのためのコーナーはあります。令和ですね。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    いざ出港! 山下公園がどんどん小さくなっていきます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    潮風にあたりながら、デッキで飲む生ビール(700円)最高!

    Daichi Ito / BuzzFeed

    途中、赤レンガ倉庫にも寄ります。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    いよいよ沖の方へ。あんなに遠く見えたベイブリッジがぐんぐん近づいてきて…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    下をくぐります。大迫力。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    そして横浜港へ。コンテナの荷揚げ風景が見られます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    ベイブリッジを背景に、カモメが並走。気持ちいい!

    Daichi Ito / BuzzFeed

    扇島の工場も見えます。土日限定ですが夜には「工場めぐりクルーズ」もありますよ。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    60分に見所が詰まったクルーズ。ビールもあっという間になくなっちゃいますね。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    最後に山下公園付近、夜の名所を紹介させてください。それは、ホテル・ニューグランドの中にある老舗バー、「シーガーディアンII

    Daichi Ito / BuzzFeed

    ホテル・ニューグランド

    1927年(昭和2年)に開店した横浜を代表する老舗バー。名物カクテルは横浜の夕日をイメージしたという、その名もずばり、「ヨコハマ」です。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    ジンをベースにオレンジとザクロ加えた甘酸っぱいカクテルは、飲みやすく、お酒にそんなに強くない方でも楽しめます。

    甘くないのを、という人にはこれ。「マティーニ・ニューグランド」。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    なぜ、ただの「マティーニ」ではないのか。戦後、ニューグランドは米軍に接収されましたが、当時は物不足で、マティーニの主要な味をなすベルモットが手に入らなかったそうです。そこで、ベルモットの代わりにシェリー酒を加えたオリジナルを作ることに。普通のマティーニよりさらに辛口な大人な味は、二軒目、三軒目の「シメの一杯」にもぴったりです。

    最近はなかなか出会えないこんなお酒も。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    近年、日本製ウィスキーは、海外での評価が高まるばかり。老舗バーであっても最近は滅多に手に入らないという、山崎18年もこの日はありました。

    ところで、なぜお店の名前が、シーガーディアン『II』なんでしょうか。尋ねると、「昭和2年から平成3年までは、『II』はありませんでした。建物の改装に伴い、IIをつけたんです。IIIは横浜そごうにありますよ」とのことでした。

    そして横浜の夜は更けて…

    Daichi Ito / BuzzFeed

    このホテル、設計は銀座和光も手がけた渡辺仁によるもの。マッカーサーやチャーリー・チャップリンら世界のVIPを迎えてきました。プリンアラモードや、ナポリタン、ドリアといった日本でおなじみの洋食屋さんの定番も、ここが発祥の地とのことです。横浜観光で泊まるなら、歴史と伝統あるこのホテルを拠点にしてみてはいかがでしょうか。予約はこちらから。

    宿の情報&予約はこちらから👉

    ホテル・ニューグランド

    シー・ガーディアンII