back to top

さよならコービー。シャック、ジョーダンとの名場面

あの頃君は、若かった。

NBA・レイカーズ所属のコービー・ブライアント(37)が、4月14日、ロサンゼルスの本拠地でリーグ最終戦に出場し、20年に及ぶ現役生活にピリオドを打った。

1996年、当時としては珍しい、高卒ルーキーとしてレイカーズ入り

Kobe Bryant was drafted 13th overall by Hornets in 1996 before Lakers acquired his draft rights. #MambaMoments

広告

名前の「コービー(Kobe)」は、両親が神戸牛のステーキに感動したところから名付けられた。コービーは20年の現役生活で、NBA優勝5回、得点王2回、レギュラーシーズン、プレーオフともに歴代得点数で3位など数々の記録を打ち立てた。

広告

60点を挙げ…

A farewell 56! And Counting?! #ThankYouKobe #NBAVine

「マンバ、アウト!」と言い残してコートを去った。マンバは、彼のニックネームだ。

vine.co
オーケー。別れの準備はできている。だからわかってほしい。残された時間の一瞬一瞬を、ともに味わおうと。いいこともあった。悪いこともあった。僕らは捧げた。互いの全てを。

おつかれさま! コービー!

バズフィード・ジャパン 副編集長

Daichi Itoに連絡する メールアドレス:daichi.ito@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored