Posted on 2018年1月26日

    580億円相当の仮想通貨「NEM」がCoincheckから盗まれる。会見で語られたこと

    全てが「検討中」

    仮想通貨取引所大手のCoincheckは、1月26日、不正アクセスにより580億円相当の仮想通貨「NEM」が外部に送信、盗まれたとして午後11時すぎ、会見した。

    同社によれば、顧客から預かっていた5億2000万NEM(約580億円相当)が流出。金融庁、警視庁に報告し、詳しい調査を進めているという。現在、同社ではビットコインを含む全ての通貨の取引を停止している。

    被害の規模については、「把握できていない」としており、同社に通貨を預けた顧客の補償についても、「顧客保護を最優先にして検討している」とするにとどまっている。

    ビットコインを始めとするいわゆる仮想通貨は、昨年末から今年始めにかけて高騰、多くの新規参入顧客を集めていたとみられる。

    「財務的な影響は精査している。できるだけお客様にご迷惑をかけないように対応しようとしている」(同社)というハッキング被害だが、その対策は十分だったのか。

    同社によれば、「セキュリティは最優先でやっていた」とし、今回の攻撃元についても調査中だという。不正送信された先を追跡することによって、今後の問題解決を図るとしている。会見では、どのくらいの額が送信された段階で気づいたのか、などと質問が飛んだが、明確な回答はなかった。

    また、「我々がセキュリティが低かったから狙われたという意識はない」としたが、送金に際して、複数の署名を必要とする手続き「マルチシグ」には対応していなかったことも明らかにした。

    なお、「NEM以外の通貨が盗まれた事実はない」としている。

    バズフィード・ジャパン 副編集長

    Contact Daichi Ito at daichi.ito@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here