マクドナルドで消費されるフライドポテト、毎年15億キロに

    ちなみにアメリカの話です。

    1. イリノイ州にある米マクドナルド本社には、ポテト専用の試食部屋がある。

    simplyswell_ / Via instagram.com

    この部屋で、全米の店舗から毎月ランダムで選んだポテトをテストする。味覚の邪魔にならないよう、入室する場合は香水NGです。

    2. マクドナルドは、過去にワッフルフライを出したことがある。

    austinseei / Via instagram.com

    2016年、限定的にカナダで登場。

    3. 2011年、バーガーキングは1998年以来初めてポテトのレシピを変更。

    Justin Sullivan / Getty, the.chronicles.of.nomnia / instagram.com

    新レシピのポテトは太め、塩控えめ

    4. アメリカに初めてポテト(のようなもの)を持ち帰ったのは、(たぶん)トーマス・ジェファーソン。

    Getty / McDonald's

    1800年代、彼が記した書物の中にフライドポテトのレシピあり。(Mental Floss

    5. 「フレンチフライ」という呼称は、ベルギー発。

    Getty

    日本では「フライドポテト」という呼び方がお馴染みですが、アメリカでは「フレンチフライ」と呼ばれています。

    なぜ、フレンチなのか? アメリカ人が最初にポテトに出会ったのは、第一次世界大戦中のベルギー。しかし、ベルギーでメインで使用される言語がフランス語だったため、ポテトをフレンチフライと呼び始めたのだとか。(National Geographic

    6. 世界には、18種類のフライドポテトがある。

    Getty Images

    くるくるしたカーリータイプ、某チェーン店で人気のワッフルタイプ、冷凍食品でよくみるうねうねタイプなどなど。

    7. ベルギー人の1人当たりのポテト消費量は、アメリカ人の3倍

    Belgiangator / Getty Images

    1600年代から芋を揚げてきた国、さすがです。

    8. マクドナルドは、年間34億ポンドの米国産ジャガイモを購入。

    philmackey / Via instagram.com

    使っているのは「Russet Burbank」という種類。

    9. ベルギーにはフライドポテト博物館がある

    debitsndoilies / Via instagram.com

    フリットミュージアム(Frietmuseum)。

    10. ポテトの自販がある国は少なくない。

    HEBBEN. Op de @WageningenUR staat de eerste volautomatische #frietpatat-machine. Heb je in 120 sec. je friet/patat. https://t.co/FhO3cBL9Xw

    カナダ、オーストラリア、オランダなど。

    11. 世界で一番長いポテトは、38インチ。

    WLOS / Via youtube.com

    約96.5センチ! サウスカロライナ州のArby'sというサンドイッチのチェーン店で発見されました。

    12. イギリス文学に初めてポテトが登場したのはチャールズ・ディケンズ の『二都物語』。

    James Nisbet & Co., Limited / Via books.google.com

    「芋のハスキーなチップス」と書かれています。

    13. イギリスでポテトを「チップス」と呼ぶ理由。

    Acmanley / Getty Images

    時は1769年、フルーツや野菜をスライスして乾燥、または塩漬けにした保存食がルーツ。芋はフライにされていましたが、保存保養の乾燥果物がフルーツチップスと呼ばれており、ここからきたものと思われます。

    伝統料理フィッシュ&チップスの芋はフライドポテトのこと。日本でいうポテトチップのことは、イギリスでは「クリスプ」と呼ばれています。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan