back to top

クルーズ船員がホッキョクグマを射殺。怒る人が続出。

「こういうのはどうだ。なぜ遠くから熊を見て、放っておいてあげないんだ」

7月28日、北極海にあるノルウェー領スヴァールバル諸島にて、ドイツのクルーズ船員がホッキョクグマに襲われ、同行していた他のクルーがクマを射殺。科学者やセレブなど多くの人から批判が殺到している。

Gustav Busch Arntsen / Governor of Svalbard/NTB Scanpix via AP

28日朝、独ハパックロイド・クルーズのクルー12名が、フィップス島に上陸。クルーズ客のために安全を確認しようとしていた際に、クマに襲われた。

クルーズ船の従業員は、陸上の拠点を設営し、一帯にホッキョクグマがいないことを確認している最中だった。上陸したクルーには、ホッキョクグマ警備員4名が同行していた。法律により定められている訓練を受けて武装した専門家だ。

「見落としていたホッキョクグマに、護衛のひとりが不意に襲われ、自分自身で対処できませんでした」とクルーズ会社は話している

残りの護衛が、怒鳴ったり、飛び跳ねたり、警告のために銃を撃ったりして、クマを追い払おうとした、とスヴァールバル諸島の警視オーレ・ヤコブ・マルメさんが、声明の中で述べている。護衛ふたりが発砲し、ホッキョクグマを射殺した。

射殺は従業員の命を守るために必要だった、とハパックロイド・クルーズは主張している。

「今回のことに関しましては、とても残念です」と同社は話している。「環境保全特別地区に入る際に当社に課されている義務は重々承知しており、自然と野生動物につきましても、十分に配慮しております」

ホッキョクグマがいるときに、乗客やクルーを故意に上陸させることは決してない、と同社は話す。クマの観察は、安全な距離を置いて船上から行っている、ともつけ加えた。

facebook.com

「動物が接近してきたら直ちに、上陸許可は停止している」とも話している。

負傷した42歳ドイツ人の従業員は、島から空路で病院へと搬送された。容体は安定しており、応答はある、とのことだ。

捜査の一環として、クマの亡骸は検証される予定だ。ノルウェー当局は、報告書が出てくるのは、しばらくかかる可能性がある、と話している。

「とても衰弱しているクマが、必死に食べものを探そうとしていたようです」とアルバータ大学でホッキョクグマを研究しているアンドリュー・デロシェール教授はBuzzFeed Newsに話す。「クマにしてみたら、生死の問題でした」

Afp / AFP / Getty Images

写真のクマの腰角(ヒップボーン)が出ていることを、同教授は指摘する。本来であれば夏の間、身体は脂肪の蓄えで覆われ、最高の状態である必要がある。

生来、ホッキョクグマの行動は予測不能で、健康状態が悪いとなおさら予測できない、と教授はつけ加える。

「スヴァールバル諸島のクマは、1973年以来、狩りをされていません。ですから、人間を殆ど恐れません」と教授は話す。「だからと言って、クマが人を狩るわけではありません。ですが、健康状態が悪い場合、死にものぐるいのクマは、窮余の策を取るのです」

それに加えて、気候の変化で海氷の水準は、史上最低を記録している、と教授は話す。生息地が溶けるにしたがって、痩せ細るクマが増え、陸で過ごす時間が長くなる、と教授は話している。

これにより、必死のクマが、人と遭遇する範囲に入ってくる可能性が出てくる。

「全体的には、ホッキョクグマの研究者や管理者は、北極圏の至るところで、人とクマが遭遇する回数が増えてきていることを、懸念しています」と教授は話す。「ホッキョクグマが次第に長期にわたり陸へと追いやられるようになると、今回のようなことはさらに増えると考えられます」

スヴァールバル諸島には、2,600名の人口に対して、ホッキョクグマが3,000頭住んでいると推測されている。通常、夏の間、フィップス島で過ごすクマを邪魔をすることを、地元の法律では禁止している。

Facebook: SysselmannenSvalbard

スヴァールバル諸島知事

ホッキョクグマは現在、デルトネッサ(Deltaneset)に打ち上げられているクジラの死骸を食べています。スヴァールバル環境保護法第30条により、クマの邪魔をしたり、人間やクマが危険にさらされたりする方法で、クマに近づくことは禁止されていることを、すべての関係者は忘れないでください。当局の現場監督官が状況を監視しています。

28日の射殺の後、クマと従業員を接触させたクルーズ会社を、科学者やセレブなど多くの人がSNS上で批判している。

This #polarbear home was invaded from tourists from the Cruise Ship MS Bremen. He defended himself, in his home, mildly injuring a "polar bear guard". He was then shot dead. Here's a thought. Why not look at the bears from afar and leave them alone. RT to Leave the Bears alone https://t.co/8NkBT2JSt5

ダニエル・シュナイダー(生物学者)

ホッキョクグマ #polarbear のこの生息地は、クルーズ船ブレーメン号の旅行者に侵入された。クマは自分の生息地で身を守り、〝ホッキョクグマ・ガード〟に軽傷を負わせ、撃ち殺された。こういうのはどうだ。なぜ遠くから熊を見て、放っておいてあげないんだ。クマに構うな、に賛同する人はRT。

"Let's get too close to a polar bear in its natural environment and then kill it if it gets too close". Morons. https://t.co/FEPt0sYOtF

リッキー・ジャーヴェィス(コメディアン)

自然にいるホッキョクグマに近づいて、クマが近づきすぎたら殺しちゃおう、って、馬鹿か。

Fucking tourists visiting polar bear territory and one gets attacked. As you'd expect. Then the polar bear, who was minding his own business in his own back yard, gets shot dead. Humans are a fucking disease.

馬鹿な旅行者がクマの縄張りに入り、ひとりが襲われた。そりゃそうだ。自分の縄張りで自分のことをしていたクマの方が、撃ち殺された。人間の方が害悪だ。

This #polarbear home was invaded by tourists from the Cruise Ship @HLCruisesInt. He defended himself and his home, mildly injuring a "polar bear guard". He was then shot dead. Here's a thought. Why not look at the bears from afar and leave them alone? RT to Leave the bears alone. https://t.co/88vl0P3tWM

ホッキョクグマ #polarbear のこの生息地は、クルーズ船 @HLCruisesInt の旅行者に侵入された。クマは自分の身と生息地を守り、〝ホッキョクグマ・ガード〟に軽傷を負わせ、撃ち殺された。こういうのはどうだ。なぜ遠くから熊を見て、放っておいてあげないんだ。クマに構うな、に賛同する人はRT。

Tourism...again proving itself to be harmful to wildlife https://t.co/1ebeLpx7x7

アダム・ハート教授(生物学者)

また、ツーリズムか。野生生物にとって有害であることを証明している。

https://www.bbc.com/japanese/45001987

「この度、このようなことが起きてしまい、誠に遺憾です」とハパックロイド・クルーズは話しており、現在、当局の捜査に協力していると加えた。

facebook.com

爽やかな夏を、ノルウェーのスヴァールバル諸島で。世界最北に位置する居住地。6月の平均気温は、4~6度。ブレーメン号の船上から絶景を楽しめる。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan

Claudia Koerner is a reporter for BuzzFeed News and is based in Los Angeles.

Claudia Koernerに連絡する メールアドレス:claudia.koerner@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.