「分かりみが深すぎて泣きそう」...。「繊細さん」を描いたイラストに共感の声

    「長年感じていた“生きづらさ”に名前をつけてもらえたように感じて、気持ちが楽になりました」

    皆さんは「HSP」という言葉を聞いたことがありますか?

    HSPとは「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で、生まれつき感受性が強く、周囲の刺激を受けやすい気質を持った人のことをいいます。

    病気や障害を指す医学的な診断名ではなく、心理学の用語です。

    このHSPを提唱したのは、アメリカの心理学者であるエレイン・アーロン博士でした。

    アーロン博士の著書「Psychotherapy and the Highly Sensitive Person」によりますと、HSPには以下4つの特徴があるといいます。

    ①物事を深く考える(例:些細なことや簡単に結論が出ることでも深く考えすぎてしまう)

    ②過剰に刺激を受けやすい(例:引越しなどの生活の急な変化に弱く、疲れやすい)

    ③感情の反応が強く、共感力が高い(例:他人との境界線が薄いために相手の感情の影響を受けやすい)

    ④些細な刺激も察知する(例:他の人では気にならない小さな音や匂いが気になってしまう)

    5人に1人ほどが該当するとされており、今回は、そんなHSPさんの「あるある」を描いたイラストをご紹介します。

    HSPさんでも、人によって違いはありますが、心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

    ①近くに怒っている人がいると自分が言われているような気がしてしまう

    ②店員さんに見られていると思うと緊張してじっくり選べない…のでとりあえずその場から立ち去る

    ③色々考えちゃって結局何も言えない

    ④「そんなことで気にしすぎだよ」なんて言われるともっと気にして考えちゃう

    この「HSPあるある」を描いたのは、HSPだと自覚しているというやえさん(@yae_cha_)です。

    長年、HSPという言葉を知らずに生きづらさを感じながら生活してきたそうです。

    そんな中、HSPを知ることになり、これまでの“生きづらさ”に名前をつけてもらえたように感じ、気持ちが楽になったのだといいます。

    「『人見知りを治したい』、『人と話したあと反省してしまうのをやめたい』等、自分の嫌な部分を改善したくてネットで調べものをしていたときに、たまたまHSPの記事を見ました。『これだ…!』と思いました」

    「それまで『生きづらいのは自分の努力が足りないせいだ』と自分を責めてしまっていたのですが、同じように悩んでいる方がいるのを見てホッとしました」

    ”自分の気持ちに正直に”生活する

    やえさんはTwitterでハッシュタグ「#yaehsp」を作ると、同様の気質を持った人たちが投稿するように。

    そのエピソードを参考にしてイラストを描くようになりました。

    今回のイラストもハッシュタグに寄せられた声を元に制作したものでした。

    やえさんに「HSPあるある」が起こった時、どのように対処しているのか尋ねると、「どうしたらいいか模索している」と返ってきました。

    「私自身、まだHSPとの上手な付き合い方がわかっていません」

    「ですが、人混みがつらいときはそこを避けたり、イヤホンをして音を遮断したりする。人と接しすぎて疲れてしまった日は多めに一人の時間を取る、無理しない、等、とにかく自分の感情を優先して自分を守る行動をするように心がけています」

    「HSPの方はどうしても自分を過小評価してしまう部分が多いと思うので、”自分の気持ちに正直に”生活することが大切だなと思っています」

    自分だけじゃないんだ

    今回のやえさんのイラストには「分かりみが深すぎて泣きそうです」「色んな人にわかってもらいたいです…」と共感の声が多く寄せられました。

    反響を受け、やえさんはやりがいについてこう話します。

    「共感のリプライをいただくことも多いので、同じ悩みを抱えている方がこんなに沢山いるんだと気付くのと同時に、自分だけじゃないんだと私自身安心します」

    「それに『やえさんが(言葉やイラストで)表現してくれたおかげですっきりしました』等と言っていただけることもあり、目に見える形にすることの意義、やりがいを感じながら活動できています」

    「私がHSPという言葉を知り、その存在に救われ、前に進む勇気をもらえたように、今度は私が誰かを救う側になれるよう、『同じように悩んでいる方の気持ちが楽になったら良いな』、『一人で抱え込み苦しんでいる方が、HSPのことを知るきっかけになったら良いな』という思いでHSPのイラストを描いています」

    「言葉では表現しにくい”生きづらさ”を今後も発信していけたらなと思っています」

    HSPさんへのメッセージ

    最後に、繊細だからこそ生きづらさを感じるHSPさんへ、やえさんからのメッセージをお伝えします。

    「私はずっと一人で悩んできて、インスタグラムやツイッターで共感の声や温かい励ましの言葉をかけていただいたときたくさんの勇気をもらいました」

    「貴方自身が直接誰かに悩みを伝えたりネット上に発信したりしなくても、私の投稿を見て少しでも元気になって貰えたら良いなと思っています」

    「身の回りに相談できる人がいなくても、ネット上にはたくさん共感してくれる人がいるし、少なくとも私は貴方の味方です」