Sponsored

もしもの時のために知っておいてほしいサービスがあります

モバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」です。

大型で非常に強い台風19号が接近しています。

対策として、もうひとつだけ知っておいてほしいのが「ChargeSPOT」というモバイルバッテリーのレンタルサービスです。

災害時、手持ちのモバイルバッテリーが切れてしまったり、少しでもバッテリーを温存しておきたいときに活用できるサービスです。

レンタルできるバッテリーの容量は5000mAh。最新のiPhoneでもフル充電できる容量です。

裏側にはUSB Type-C、Lightning、MicroUSB用の3種類のケーブルがあり、iPhoneやAndroidなど、ほとんどのモバイル機種に対応しています。

返却はバッテリースタンドに差し込むだけ。レンタルスポットであればどこでも返却できます。

アプリを開くとバッテリースタンドの場所がわかるので、最寄り駅や行動圏内にあるか確認しておくとよさそうです。

大規模な災害が発生した地域では、バッテリーの無料レンタルが行われました。

【2019年9月台風17号の影響による停電について】 長崎県を中心に停電が続いております。現在、長崎県内のバッテリースタンドにおいてChargeSPOTのバッテリー無料設定を行なっております。該当バッテリースタンドにおいては無料でバッテリーをご使用いただけます。

公式サイトやSNSで告知されるので、フォローしておくと安心です。