back to top

「子どもの目の前で公開処刑」 脱北ラッパーが訴えた北朝鮮の実態

これが現実なのか…。

外国人記者向けの北朝鮮ツアーが4月に開催された。AFP通信の記者が撮影した写真が公開されている。

食糧難でありながら、飢えている様子は見受けられず娯楽に勤しんでいる。

しかし、上の写真はすべて記者向けに組まれたツアーで見せられた「国民の日常」だ。

果たしてこれは北朝鮮国民の本来の姿なのだろうか。実際はどのような生活を送っているのか。

その実態がよくわかる、国連北朝鮮人権調査委員会(COI)が発表した「人権調査報告」を紹介したい。

挿絵として使われたのは、脱北ラッパーのカンさんが描いた作品である。

その内容とは…。

1. 差別的な身分制度。下流階級の人が罪を犯せば、その子孫までも収容所行き

강춘혁

北朝鮮には上級・中級・下級の3つの身分があり、北朝鮮当局により管理されている。

階級は世襲制で、身分が上がることはほとんどない。

上流階層は社会的恩恵を享受する反面、下流階層さまざまな差別的待遇に耐え続けなければならない。

また、身分制度により罪を犯した場合、本人だけでなく家族や子孫も政治犯収容所に連行される。

2. 約12万人の市民が収監されている政治犯収容所と、これまで100万人以上が命を落とした拘禁施設

강춘혁

北朝鮮には5つの政治犯収容所が存在し、 約12万人が政権に忠誠を尽くしていないという理由で収監されている。

収監者は公正な裁判や基本的な法手続きを受けることはできない。また、収監者の三代に渡る親族が収容所に送られる。

多くの収監者が劣悪な労働条件、僅かな食糧配給、医療支援の不備で死亡に至る。

政府は複数の拘禁施設を運営。 拘禁施設の収監者の死亡率は非常に高く、期間は不明だが、現在までに100万人以上が死亡に至ったと記載されている。

3. 最悪の食糧難で、100〜200万人の国民が餓死。その環境から逃げると処罰

강춘혁

1990年代中盤に発生した食糧難により、100〜200万人の国民が餓死。身分制度が最も重要な要因と指摘されている。

政府は下流階級の人々に食糧配給や国際援助を中断し、生きる道を探して中国への脱出を試みた人々を処罰。

今でも、危険を十分に理解した上で脱北を試みる人々の行列が続いている。

4. 脱北しても中国で待ち受けているのは、強制送還や人身売買。苦しみは終わらない

강춘혁

1990年代中盤の食糧難から現在まで、数十万人の北朝鮮国民が飢餓と迫害を避けてドゥマン川かアムロク川を渡り脱北している。

報告書によると、中国当局は脱北者を難民と認定せず、不法移住者と見なして法的保護を受けさせていない。

国連難民機構等の助けを受けられず、中国当局による処罰・強制堕胎・虐待・強制送還で命を落とす人も多い。

中国で隠れて生き延びられたとしても、女性と児童は人身売買や強制結婚に利用されたり、各種犯罪に加担させられ凄惨な生活を強いられるのが現状だ。

5. 1950年から続く拉致。現在も主に中国で拉致活動を積極的に行なっている

강춘혁

1950年から国家政策という名目で他国民を組織的に拉致する行為を繰り返している。

朝鮮戦争の期間だけで10万人以上もの韓国人が拉致された。

ヨーロッパ・中東・アジア各国でも、数百人の拉致被害者が発生していると報告されている。

現在では主に、中国での積極的な拉致活動を試みていると報告書は述べている。

6. 外部の情報を徹底的に遮断。金一家を崇拝する思想を植え付ける

강춘혁

国民たちは、一生を北朝鮮政権の強力な思想統制下で生活しなければならない。

政府は言論・書籍・インターネット・科学・文学・音楽・映画などの外部情報を徹底的に遮断し、金氏一家を崇拝する思想を植え付ける。

全ての宗教の信仰は、弾圧の対象となる。

7. 恐怖心を植え付けるため、幼い子どもにも公開処刑を見せている

강춘혁

拷問は、北朝鮮全域に存在する拘禁施設で頻繁に発生している。

国民たちは逮捕、取り調べ、調査過程などで激しい暴行と拷問を受け、政治犯は独房に収監される。

また、国民たちの恐怖心を誘発するために公開処刑を実施し、幼い子どもを含む全ての国民たちに公開処刑を見るように強要している。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss