back to top

嘘のような本当の話!有名スーパーモデルの人生がヤバすぎる

人生、いつどこで何があるかわからない…

この女性、知ってますか?

Instagram: @natasupernova

ファッション業界で長きにわたり愛されている存在です。

Instagram: @natasupernova
広告

ロシアの貧困地区で育ち、義理父の暴力に耐えながら幼少期を過ごす。

Instagram: @natasupernova

1982年にロシアで生まれたナタリア。

2歳弱で父が失踪したため、母と脳性麻痺の妹と貧困地区で生活することになります。

母の再婚相手から暴力を受けるようになり、消えた実の父を憎んだそうです。

生活苦により14歳で学校を自主退学。「自分の容姿がとても醜かった」

Getty Images

母と妹を助けるために働くことを決意したナタリアは、14歳で学校に行くのをやめ、路上で果物を売って生計を立てました。

また、当時の自身の容姿について、雑誌でこのように話しています。

「学校では一番背が高くて一番ガリガリな女の子だった。足が細すぎるし鼻は大きすぎるし、自分をとても醜いと思ってた」

15歳のある日、突然スカウトされる。

Odd Andersen / AFP / Getty Images

路上で果物を売っていたところ、モデルエージェンシーに声を掛けられスカウトされました。

ロシア語しか喋れなかったナタリア。

スカウトマンに「3ヵ月間で英語を習得できたら君と契約する」と言われ、学費とパリへの片道切符を手にします。

英語を猛勉強し、3ヵ月後にパリヘと飛びました。

17歳でモデル事務所と契約。シンデレラストーリーの始まりです。

Chris Jackson / Getty Images

モデルの仕事を始め、17歳で正式にVIVAと契約しました。

デビュー後すぐにGUCCIの香水のモデルに抜擢され注目を集めるなど、あっという間にトップモデルへと上りつめていったのでした。

広告

40以上のブランドのランウェイを歩き、カルバン・クラインと専属契約。

Pierre Verdy / AFP / Getty Images

2001年春夏コレクションでランウェイデビューをし、ルイ・ヴィトンやマーク・ジェイコブスなど多くのブランド広告を飾ります。

有名デザイナーたちから愛される存在となり、2004年にはカルバン・クラインと専属契約を果たしました。

広告

子どもたちのためのチャリティー活動を開始する。

Instagram: @natasupernova

「あの時スカウトされなかったらきっとホームレスになっていた」と不遇な子ども時代を語る彼女は、成功後チャリティー活動に力を注ぎます。

障害を持つ子どもや、傷ついた子どもたちを救うために複数の財団を立ち上げる。

Instagram: @natasupernova
広告

2歳の頃消えた父親と再会。

Pascal Le Segretain / Getty Images

有名になったナタリアを見つけた父から、会いたいと連絡がきました。

最初は「何を今さら…」と腹が立ったそうですが、血の繋がっていないたくさんの人たちを助けている自分が実の父を助けないのはおかしいと思い、再会を果たします。

父はナタリアにこう言いました。

「君を失ってから今まで何も得てきていない自分が恥ずかしい。プレゼントがなければ君に会えないし、会えたとしても煙たがられるのは目に見えてる」

彼女は父を受け入れ「会ってみたら素敵な人だとわかった」と話しています。

2011年に離婚するも…同年、大富豪の息子と交際を始める。

Instagram: @natasupernova

フランスの大企業LVMH創設者の息子であるアントワーヌ・アルノーと出会い、恋に落ちました。

現在は5児のママ。パリで暮らしている。

Instagram: @natasupernova

アントワーヌ氏との間に2児を授かり、現在はアントワーヌ氏と共に5人の子育てをしています。