【祝】ベイスターズがCS突破!日本一に輝いた1998年ってこんな年だった \横浜優勝/

    おめでとうございます!

    横浜DeNAベイスターズのクライマックスシリーズを突破しました!おめでとうございます!!

    時事通信

    19年ぶりの日本シリーズ進出が決定しました!

    そういえば、前回ベイスターズが日本一になったのは1998年。

    1998年ってどんな年だったっけ?ということで、1998年の出来事を振り返ってみます!

    1. 横浜ベイスターズが38年ぶりに日本一

    時事通信

    当時の監督は権藤博。

    佐々木主浩、谷繁元信、鈴木尚典、石井琢朗など、粒揃いのチームでした。

    2. パイレーツの「だっちゅーの」が流行語大賞を受賞

    時事通信

    「だっちゅーの」で胸の谷間を強調するポーズが、子どもを中心に大流行しました。

    3. 冬季長野オリンピックに日本中が熱狂する

    時事通信

    感動的なシーンが沢山誕生しました。

    特にスキージャンプ原田さんの「ふなき〜!ふなきい…!!」という名言は忘れられません。

    4. 宇多田ヒカル、鈴木あみ、浜崎あゆみ、Kiroro、MISIA、ゆず、椎名林檎、aiko、モーニング娘。全員1998年に歌手としてメジャーデビュー

    Amazon / Via goo.gl, Amazon / Via goo.gl

    のちの大物だらけです。

    5. 日本がサッカーW杯フランス大会に初出場

    AFP=時事通信

    代表発表時、岡田監督の「外れるのはカズ、三浦カズ」という発言が衝撃的でした。

    6. 映画『タイタニック』爆発的ブーム

    時事通信

    熱狂的な「レオ様ファン」が沢山いましたよね。

    7. ドラマ『GTO』『眠れる森』『ショムニ』が高視聴率をマーク

    時事通信

    反町隆史さん主演の『GTO』は、最高視聴率35.7%という驚異的な数字を叩き出しました。

    8. シングル『誘惑/GLAY』『夜空ノムコウ/SMAP』『my graduation/SPEED』が大ヒット

    時事通信

    『夜空ノムコウ』は音楽の教科書に掲載され、国民的ソングとなりました。

    9. SPEEDの『WHITE LOVE』が年間カラオケランキング第1位に輝く

    goo.gl

    振り付けもしっかり覚えました。

    10. サイレンススズカが金鯱賞(GII)で日本レコードを記録して圧勝

    Amazon / Via goo.gl

    芝2000mで1分57秒8という記録を打ち出し、大差で勝利を収めました。

    11. セガが家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」を発売

    時事通信

    「ドリキャス」の略称で愛されました。

    12. キャミソールが流行

    時事通信

    “魅せるランジェリー”がファッションの一部として用いられるようになりました。

    13. ルーズソックスが女子高生の間で引き続き大流行

    時事通信

    1993年から1998年くらいにかけて流行りました。

    「ゴム抜きルーズ」や「スーパールーズ」など、色々な種類がありましたよね。

    14. 「平成の怪物」松坂大輔が甲子園で大活躍

    時事通信

    横浜高校の松坂大輔が、決勝戦でノーヒットノーランを達成しました。

    15. 「迷わず行けよ。行けばわかるさ。」アントニオ猪木が引退

    時事通信

    引退試合ではドン・フライと対戦し、38年に渡るプロレスラー人生に幕を閉じました。

    引退の際のスピーチ「道」は今でもモノマネされるほど有名です。

    16. サントリーの清涼飲料水「なっちゃん」のCMで田中麗奈が注目を集める

    時事通信

    初代キャラクターを務めました。

    キリッとした目元が印象的でしたね。

    17. 郵便番号が7桁になる

    時事通信

    覚えるのが大変でした。

    18. 若乃花と貴乃花、史上初の兄弟横綱が誕生する

    時事通信

    同年3月場所で12連勝を果たした若乃花の姿が印象的でした。

    19. globeの『wanna Be A Dreammaker』が日本レコード大賞に輝く

    Amazon / Via goo.gl

    もう一度KEIKOさんの響き渡る歌声を聴きたいですね。

    20. 安室奈美恵がNHK紅白歌合戦で1年振りのTV復帰を果たす

    時事通信

    前年と同じく「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱し、会場から温かい声援と拍手に包まれました。