• English badge

【対訳付き】19歳の私は死を覚悟する病気にかかっている でも、愛してもらえる

BuzzFeed の海外記事を英語と日本語でお届け!「病気だからって恥ずかしいとか、後ろめたく思ったりすることは、全くない」(英文記事の続きに翻訳記事あり)digestive:消化の surgery: 手術 ostomy bag:ストーマ装具(人工肛門・人口膀胱からの排泄を受ける装具)

This is Aimee Rouski, a 19-year-old from Liverpool, England, who has Crohn's disease, a chronic inflammatory disease that affects the digestive system.

Aimee Rouski / Via facebook.com

Crohn's is an incurable disease which causes inflammation of the lining of any part of the gastrointestinal tract. It can cause abdominal pain, severe diarrhea, fatigue, weight loss, and malnutrition — which can become life-threatening.

Many people with Crohn's will have at least one surgery as part of treatment, either to widen a part of the intestine or to remove portions of the intestines or the colon and/or rectum.

Rouski recently posted a few selfies with her ostomy bag and surgical scars to Facebook, and the post is going viral.

Aimee Rouski / Via Facebook: aimee.rouski

"I've wanted to do this for a while because I always see body posi posts for weight, but not many for disabilities/invisible illnesses," she writes.

"I've always been okay with the stuff that has happened to me, but some people have real difficulties accepting these things so I just want to say this. No one will know unless you tell them. People who know will still love you and still find you beautiful. Your illness is nothing to be ashamed or embarrassed about."

Rouski told BuzzFeed Health she was diagnosed with Crohn's in 2008, and since then she's had several surgeries, including ones to remove her large intestine, colon, rectum, and anus.

Aimee Rouski / Via facebook.com

One of the most invasive surgeries was to remove her inner thigh muscles, which were used to reconstruct the severe wounds left on her backside after the ileostomy (removal of the large intestine).

However, Rouski remains incredibly positive and says her walking is fine aside from a little difficulty walking downhill.

"You don't always know what's going on in people's lives, so don't be so quick to judge, and always keep an open mind," Rouski said.

Aimee Rouski / Via facebook.com

"I nearly died because of my Crohn's, but I still have people saying 'it's just a stomachache,'" she said.

As her pictures show, it's usually impossible to tell that Rouski is even wearing an ostomy bag.

And although the feedback to her post has been positive, Rouski says many people who wear ostomy bags struggle to feel confident and accept their bodies.

Aimee Rouski / Via facebook.com

"I know that a lot of people can't come to terms with their illnesses because they overthink and create all these different scenarios, worrying about future relationships, other people seeing the bag, etc," said Rouski. But these are "silly things that shouldn't matter," she said.

Rouski hopes she can help others struggling to gain confidence and realize they have nothing to be ashamed about.

Aimee Rouski / Via facebook.com

"Honestly I just want people to know that their illnesses, Crohn's or not, are nothing to be ashamed of," Rouski says.


"I just want those people to know that people will love them and still find them perfect no matter what, in the end it's your personality that matters."

【日本語訳】

イギリス出身のエイミー・ルースキーは19歳。クローン病を患っている。

Aimee Rouski

クローン病は、あらゆる部分の消化管の内側に炎症が生じる不治の病。腹痛や激しい下痢、倦怠感、体重の減少、栄養失調などを生じさせ、命に関わることもある。

クローン病を抱える多くの人は、治療の一環として、腸の一部を広げるか、腸や結腸、直腸の一部を切除する手術を受ける必要がある。

ルースキーは最近、人工肛門の袋が写っている自撮り写真と、手術のことを綴った文章をFacebookに投稿した。この投稿が話題を呼んでいる。

「前からこういう投稿をしてみたいと思っていました。ぽっちゃり体型を前向きに投稿しているのはよく目にするけど、目に見えない病気や障害に関する投稿ってあまりないから」

「自分の体に起きていることはそれほど問題だとは思っていません。でも、受け入れにくいと感じる人もいるからちゃんと伝えておきたい。自分から言わない限り、誰も気づかないことだから。病気を告白しても愛してくれる人もいるし、かわいいとも思ってもらえる。病気だからって恥ずかしいとか、後ろめたく思ったりすることは全くありません」

ルースキーがクローン病と診断されたのは2008年。それ以降、手術を何度も受けてきたとBuzzFeed Healthに語った。

Aimee Rouski

大腸の切除の後、臀部に残った大きな傷を修復するため、内ももの筋肉を切除する大掛かりな手術をした。

それでも、ルースキーは今でも驚くほど前向きだ。坂道を下るのが少し大変なこと以外は、歩行も苦にならないという。

「人生なにが起こるかわからない。すぐに決めつけたりしないで、オープンな心を持ってほしいのです」

Aimee Rouski

「私はクローン病で死にかけました。それでも、ただお腹が痛いだけでしょう、と言う人もまだいます」

ルースキーが人工肛門の袋を着けていることを外見から判別するのは、通常は不可能だ。

ルースキーの投稿に対する反応の多くは前向きだ。けれど、彼女は人工肛門の袋を着けている多くの人が、自分の体に自信を持てずに、もがいていると話す。

Aimee Rouski

「自分の病気を受け入れられないでいる人が、まだたくさんいます。人間関係や、袋を見たときの他人の反応を心配したりするからです」「でも、それは馬鹿げたことで、それほど重要ではありません」

考えすぎて苦しんでいる人たちが自信を持ち、何も恥ずかしくないと気付く役に立ちたい。ルースキーはそう考えている。

Aimee Rouski

「クローン病であれ、他の病気であれ、病気は全く恥ずかしいことではないと、知ってもらいたいのです」


「たとえ病気だとしてもあなたのことを愛してくれたり、素晴らしいと思ってくれる人はいるということを、病気の人にわかってもらいたい。大切なのは、その人の個性ですから」

この記事は英語から翻訳・編集しました。