• lol badge
Posted on 2020年4月20日

ニュージーランド首相の「顔ケーキ」を作った人気コメディアン 完成度がヒドすぎて謝罪

アーダーン首相の日々の公務に感謝の意味を込めて焼いたはずが、逆に失礼なことに…😂

ローラ・ダニエルは、ニュージーランドでテレビ番組の司会も務める人気コメディアン。

先日、ローラはニュージーランドの情報番組『セブン・シャープ』にゲストとして呼ばれ、司会者とケーキ作り対決を行った。

対決の条件は、小麦粉を使わないでニュージーランドを象徴するもののケーキを作ること。

番組司会者のヒラリー・バリーは、メレンゲとクリームを混ぜ、果物などをトッピングするケーキ、「パヴロヴァ」を作った。

ニュージーランド南島南アルプス山脈に位置する、「クック山」をイメージして作られたケーキはとてもおしゃれ!

Laura Daniel

番組司会者のヒラリー・バリーと彼女が作ったケーキ。

一方、対戦相手のローラが選んだケーキのテーマは、「ニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーン氏」。

以前、首相のモノマネで話題になったこともあるローラだが、ケーキ作りのテーマにアーダーン首相を選択するとはなかなかだ。

「アーダーン首相に対する『ありがとう』の気持ちも込めて、彼女そっくりなケーキを作ることにしたんです」とローラはBuzzFeed Newsに語った。

「私はアーダーン首相が大好き!彼女は素晴らしい仕事をしていると思います」

「アーダーン首相を見事なケーキで称えるのが1番だと考えたのです」

そして、完成したケーキがこちら。

え?💦

これは…

アーダーン首相を称えるというよりも、ただの失礼では…😂😂

「『ヒーローのケーキは作っちゃダメ』ってよく聞きますが、試してみたかったんです。アーダーン首相には心から謝りたい。頑張って全力を尽くしたんですけどね」とローラはインスタグラムで謝罪した。

ローラが作ったケーキは、インターネット上で話題となった。

中には、「夢に出てきそう」「このケーキ、新型コロナよりも悪いと思う」と様々な反応が寄せられた。

Laura Daniel

「アーダーン首相の政治家としての手腕は、私のケーキ作りよりもずっと上ですね」

ローラは、これからもアーダーン首相を支持するそうだ。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン


BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form