back to top

地球は僕がまもる! 「惑星保護官」に応募した9歳児とNASAの神対応が世界で話題

地球防衛隊、参上!

そんな彼にとって夢のような仕事を、なんとあのNASAが募集していた! 募集タイトルは「惑星保護官」。年収12万4406ドルから18万7000ドルという給料でも話題を呼んでいたが、何よりもその肩書きのかっこよさに注目が集まっていた。

なんせ、星を守る仕事なんでね。CEOとか教授とか大臣とかよりも、スケールが大きいんでね。地球外レベルなんでね。

繰り返すが、ジャックは9歳、小学4年生だ。しかし、そんなことは関係ない。さっそく惑星保護官に応募したジャック。

NASA

これは、NASAに宛てたジャックの手紙。「妹から宇宙人って言われています」「宇宙系エイリアン系の映画はできるだけ見てます」「ゲーム得意です」と、自己アピールが挙げられている。「まだ若いので、これからエイリアンっぽい思考を学ぶことができます」と、9歳という若さを逆手にとったアプローチもお見事!

残念ながら採用されなかったジャックだが、NASAから手紙の返事をもらった! NASA公式Twitterからも、今回の手紙についてポストされている。

When 4th grader and self-proclaimed “Guardian of the Galaxy”, Jack, wrote to us about applying for a job, we replie… https://t.co/3QNWGD7Yip

「自称宇宙防衛官の小学4年生のジャックから仕事応募の手紙が届いたので、返信しました」

広告

NASAの惑星科学部門のディレクター、ジェームス・グリーン氏は、現在採用はできないものの、しっかり学校で学び大きくなったらまた応募してくださいと返答。また、手紙では惑星保護官の仕事についても触れられている。残念ながら、ジャックが思い描いていたようなMIB的なもの=宇宙人と戦う仕事ではない。惑星保護官の任務は、宇宙から持ち帰ったサンプルに付着する微生物から地球を守ることである。

Twitterでは、ジャックの熱意に賞賛の声が。

@NASA Awesome job, NASA! Jack, I believe you really do think outside the box and I think that's great. We need more people like you.

「NASAはナイス対応! ジャック、枠にとらわれず物事を考えられるってすごいよ。君みたいな人がもっと必要だよね」

子どもの時にNASAに手紙を書いたことがあるという人々も続々登場。

@NASA I wrote to NASA when I was 8 years old from Sittingbourne Kent England UK. NASA replied to me and it made my childhood.

「8歳の時に、NASAに手紙書いたわ。返信がきたのは、子ども時代のハイライト」

広告

@NASA In 6th grade I wrote @NASA a letter asking questions for a report about Mars. They answered with a letter and… https://t.co/nabbdJGBwT

「6年生の時に、火星について質問の手紙をNASAに書いたことがあった。答えを手紙でもらったな」

NASAの対応は、未来の宇宙飛行士を育てる!

宇宙に携わる仕事をしたいという夢は、1枚の手紙がきっかけかもしれない。

この記事は英語から翻訳されました。

Brianna Sacks is a reporter for BuzzFeed News and is based in Los Angeles.

Brianna Sacksに連絡する メールアドレス:brianna.sacks@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.