「観客が人種で分けられていたから、ライブを拒否した」ビートルズ、ポールが明かす

    「1964年、ビートルズはアメリカのジャクソンビルで演奏することになっていた。でも観客席が(黒人と白人で)分離される予定だと知った」

    世界各地に広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」の大規模な抗議活動。警察による暴力行為だけでなく、約400年にわたって根付いた体系的な差別を撤廃しようという動きが、より一層強まっている。

    Tasos Katopodis / Getty Images

    レディー・ガガなど、多くの著名人も人種差別に反対し、声を上げている。

    ビートルズのポール・マッカートニーもその1人。

    「世界中の抗議活動やデモを見て、たくさんの人が『自分には何ができるか』を模索している。誰にも正解はわからないし、すぐに効果が出る解決策もない。でも、僕たちは変わる必要がある」

    「あらゆる形の人種差別をなくすために、団結しなければならない。もっと知って、もっと耳を傾け、もっと話し合って、もっと学んで、そして何より、行動に移さなければならない」

    (ツイッターの投稿より、一部抜粋)

    1964年、フロリダ州ジャクソンビルで行われる予定だったコンサートへの出演を拒否したと明かした。理由は、「観客が人種ごとに分けられていたから」。

    Terry Disney / Getty Images

    ビートルズのメンバーは、人種隔離政策には反対だった。観客が「分離」される形のコンサートを、彼らは望まなかった。

    1964年、ビートルズはアメリカのジャクソンビルで演奏することになっていた。でも観客席が(黒人と白人で)分離される予定だと知った。
    そんなの間違っている。そう思って、「僕たちはそんなライブはしない!」と言った。そして、最終的にジャクソンビルで「観客が分離されない」形で演奏した。これは、あの地では初めてだった。
    その後、ライブ出演する時は、観客を分離しないことを契約書に必ず明記することにした。僕たちにとっては、それが常識だったから。

    ここで重要なのは、ビートルズの対応だけではない。60年近く経った今でも、私たちが同じレベルの人種差別に直面しているということだ。

    Mike Coppola / Getty Images

    今、この世界の実情を思うと気分が悪い。怒りすら感じる。あれから60年近く経った今でも、人種差別的な警察によってジョージ・フロイドが無意味に殺された。彼だけではない。数えられない黒人が、命を落としている。

    「沈黙は、意見とは言えない」。ポールはそう付け足した。

    Kevin Winter / Getty Images

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子