90年代、ファッション界の度肝を抜いたドリュー・バリモア

    カジュアルもドレスも、自分らしく着こなしました

    1. メンズの服を着ていても、彼女は自然とカッコよくてセクシーでした。

    2. サテン地のエンパイアウエスト・ドレスとエナメルの靴を身につけて、映画『クルーレス』のシェール・ホロヴィッツになりきった時も。

    3. スケーターファッションにアイデアを得た装いもカッコよく。

    4. 1995年のビデオ・ミュージック・アワードでは、グラマーなコウモリの衣装を着ていました。

    5. 流行のチョーカーを付けてキメていた時もありました。

    6. ダブダブの服を着ていてもオシャレに見せました。

    7. ベストのコーディネートの統一感は抜群でした。

    8. 90年代後半流行のトップが透けた服もキレイに着こなしました。

    9. ベルベット地のヒョウ柄のコートを着た彼女は、気が強そうに見えました。

    10. フェミニンとルーズの絶妙なバランスを上手く取っていました。

    11. 1940年代にヒントを得た服を着た彼女は洗練されて見えました。

    12. 丈の短い黒のカクテルドレス (もちろんサテン地!)は完璧に着こなしました。

    13. 90年代後半に女の子たちがみんな夢見たプロムドレスも、もちろん着こなしました。

    14. ボーホースタイルが登場する前にもかかわらず、完璧なボーホースタイルで現れました。

    15. 水玉とバラのブラウスを着て、我が道を行く雰囲気を醸し出しました。

    16. 映画『レザボア・ドッグス』のプレミアには、デニムのショートパンツで登場しました。

    17. 秘書スタイルも完璧でした。

    18. 『バットマン・フォーエヴァー』のプレミアには、古着屋で買ったスリップドレスを2枚重ねて登場しました。

    19. オスカーでは、髪を花で飾ることで、ヒッピーな子どもを表現しました。

    20. これは、本格的な黒のエナメルの厚底靴を履いてキメていた彼女。

    21. そして最後に、ベストと膝上で切ったジーンズとウエストポーチで、90年代スタイルをギュッと詰め込んで登場した姿です。