10年間で目撃回数10回だって?珍しすぎるオーストラリアの黄金のモグラ

    きれいな金髪の持ち主。

    黄金の毛皮で覆われた、この小さなかたまり。Karrkaratulというモグラの一種です。

    Facebook: kiwirrkurra

    オーストラリアの砂漠に生息しているこのモグラ。主に地下で生息しているため、ほとんど目撃されることがありません。また、地上にでてきても、滞在する時間はわずかです。


    ナショナルジオグラフィック
    によると、10年ごとのkarrkaratulの目撃回数は5回から10回に過ぎないそうです。

    オーストラリアの砂漠地帯で、絶滅危惧種の保護活動に取り組む団体Tjamu Tjamu Aboriginal Corporation。先週、この小さな生き物が地上に出てきている様子の動画を、投稿しました。その場に居合わせた男性によると、彼が前回この動物を目にしたのは「何年も前」だといいます。

    Facebook: video.php

    この団体のウェブサイトの管理者であるKate Crossingさんの記述によると、「灌木林の小道を車で帰宅中、この小さな金色の生き物が、走って横切った」そうです。

    団体が活動する地域・Kiwirrkurraでは「彼らの痕跡を時々目にする」とのこと。「また、キツネの糞に(彼らの)形跡を見ることもありますので、キツネが彼らを捕食していることも明らかです」(Kateさん)

    友だち追加数

    Facebookページもよろしくね!