back to top

トランプ大統領が偽ニュースをFacebook投稿し、6万8000シェアされた

クウェートがシリアなど5カ国の国民にビザ発給を停止するというニュース。同国の外務省はこれを否定した。

偽ニュースだった。

この偽ニュースはヨルダンのメディア「アル・バワバ」が伝えたもの。「シリア人、イラク人、イラン人、パキスタン人、アフガニスタン人には、クウェートの訪問、観光、商用いずれのビザも発行されなくなる。アメリカがイスラム教徒が多い7カ国に制限をかけた翌日に分かったニュースだ」と書いている。

広告

クウェート外務省はこれを否定

だが、クウェート外務省は禁止を明白に否定した。

国営メディアのクウェート・ニュース・エージェンシー(KUNA)は「きっぱりと否定する。こうした報道されている国籍の人たちはクウェートに大きなコミュニティを作っており、完全な権利が保障される」という外務大臣補佐官の声明を伝えた。

ビザが発給停止されるとされたパキスタン側もこれ否定した。在クウェートのパキスタン大使は、同国のテレビ局Geo Newsに対して、この報道は「根拠がない」と話している。

だが、アル・バワバは6日現在、記事を訂正していない。トランプ大統領も投稿は取り下げていない。

偽ニュースサイトが引用

Alex Wong / Getty Images

ただ、スプートニクの当初の報道はすでにニュースサイトインフォウォーズが引用して報道していた。インフォウォーズは記事を訂正していない。

インフォウォーズは偽ニュースサイトで、偽ニュースを信じた男がピザ店を銃撃する「ピザゲート事件」を誘発したと指摘されている。

ブライトバートも引用

Drew Angerer / Getty Images

トランプ大統領が投稿した「アル・バワバ」の記事を引用し、アメリカ国内で拡散させたメディアがあった。ブライトバート・ニュースで、訂正は出していない。

ブライトバート・ニュースは、大統領選でトランプ氏を支持した右翼メディア。同社の元会長スティーブ・バノン氏はトランプ大統領の首席戦略官・上級顧問を務める。安全保障戦略を練る国家安全保障会議(NSC)のメンバーでもある。

サイトを駆け巡る偽ニュース

ブライトバートの記事は、複数の偽ニュースを引用している。「アル・バワバ」のほか、後に訂正された「スプートニク」の記事も孫引用していた。こんな経路だ。

ブライトバート←インドメディア「インド・アジアン・ニュース・サービス(IANS)」←スプートニク

ブライトバート・ニュースは「クウェートは『イスラム過激派テロリストの移住の可能性』を懸念している」と伝えた。これは、IANSの報道を引用したものだ。

だが、IANSはこれを「スプートニクの報道に拠った記事だった。事実ではなかったことが判明した」として訂正している

そもそもトランプ大統領が偽ニュースを引用したことは、カナダ紙トロント・スターのダニエル・デール記者がTwitterで指摘して、話題になった。

Obscure websites published a fake story that Kuwait was copying Trump's ban. The president Facebooked it, got 67,00… https://t.co/JXXgrVQAOL

BuzzFeed Newsは在米と在日のクウェート大使館、クウェート国連代表部に照会し、返答を待っている。ホワイトハウスにもコメントを求めており、返答があり次第更新する。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

David Mack is a reporter and weekend editor for BuzzFeed News in New York.

David Mackに連絡する メールアドレス:david.mack@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

この記事は、BuzzFeedコミュニティのメンバーにより作成されました。投稿の内容はBuzzFeed編集部による監修や承認を受けていません。コミュニティに関する情報を見る(英語)

Sponsored