back to top

お弁当を持ってこられない子へ、クラスメートからのサプライズ

みんなで食べたほうが、おいしいよ。

ノルウェーで制作された1本の広告動画が、多くの人の胸に深くささっている。たったの5日間で300万回もシェアされるほど、その注目度は高い。

Facebook: video.php

この動画は、里親制度を推奨するためノルウェー政府の依頼で作られたもの。最初に動画が投稿されたのは、福祉や養子縁組を通して子どもや家族をサポートするノルウェーの団体Facebookページ。ここだけで、400万回以上再生された。

他のFacebookページでも再投稿され、1億2000万回以上も視聴されている。

一体、どういう動画なのだろう。 舞台は学校、ランチタイムのベルが鳴るところからスタート。教室で生徒たちはお弁当をとりだしている。

クローズアップされる1人の少年。彼のお弁当箱の中身は……

からっぽ。

手を挙げて、先生に退室許可をもらう少年。その理由は……

水を飲むため。

ぼーっと外を見て、お弁当の時間をつぶす少年。

やっと教室に戻り、お弁当箱を片付けようとして、何かに気づく。

なんと彼のお弁当箱の中に、食べ物がぎっしり!

少年が教室の外にいた間に、クラスメートたちがこっそりおかずをわけてくれていたのだ。

😭😭😭

動画をシェアした人の中には、自分も同じ体験をしたという人も。自分の子どもが少年と同じような子どもを見た、おかずをわけたことがあるとコメントする人もいる。

動画の最後にでてくるメッセージは「解決策は、思ったよりも身近にある」というもので、ノルウェー政府は里親制度の必要性を呼びかけている。

サポート団体の担当者は、BuzzFeedにこうコメントしている。「小さなことでも、何かを変えることができる。この動画が、助けを必要としている子どもたちに手を差し伸べるきっかけになってくれれば」
Facebook: fosterhjem.no

サポート団体の担当者は、BuzzFeedにこうコメントしている。「小さなことでも、何かを変えることができる。この動画が、助けを必要としている子どもたちに手を差し伸べるきっかけになってくれれば」

この記事は英語から翻訳・編集しました。担当:SOKO