back to top

息子がネットで学費調達中 うちのお母さんを大学へいかせたい

お母さん、僕が学校へ行かせてみせるよ

写真に写るのは23歳のルイ。児童支援団体のスタッフ兼音楽プロデューサーをしている。彼の少し後ろでキャップをかぶり笑顔で写るのは、ルイの母親、エルニータ。彼らが暮らすイギリスで、母は子どもたちのため必死で働いてきた。

Supplied.

エルニータの仕事は学校給食の調理スタッフ。いわゆる、給食のおばちゃんだ。人生の大半を、仕事と家族のために調理に費やしてきた。西アフリカ出身で、地元ならば受けられた教育も、ここロンドンでは手が届かない。

移住当初は、歯科看護師の勉強をしていたが、夫に先立たれ、2人の子ども(当時5歳のルイと1歳の妹)を抱え、勉強を続けることはできなかった。そして、乳がんサバイバーでもある。闘病中に、料理をしてリラックスしていた。生活のためだけでなく、彼女にとって料理をすることには大きな意味があるのだろう。

この夏、そんなエルニータに大きなチャンスが訪れた。ウエスト・ロンドン大学から調理学部への入学を許可されたのだ。BuzzFeedの取材にて、ルイは知らせをうけた時の母親の様子をこう語る。「月まで届くような喜びぶりで、鉛筆買わなきゃ!なんて言ってましたよ」

しかし、大学に通うには2つ問題があった。ひとつは、イギリスの国家認定制度である全国職業資格のレベル2を取得すること。そして、お金。大学からのオファーには、資金的援助は一切含まれていない。

諦めてなるものか。母を大学に行かせたい息子のルイは、奨学金やローンなど様々な手段を模索した。そして、行き着いたのがGoFundMe、クラウドファンディングである。

さっそく、GoFundMeにページを作り資金提供を呼びかけた。目標金額は2000英ポンドだが、現時点ですでに約2500英ポンド集まっている。

gofundme

ページの紹介には、母親についてこう書かれている。

「サントメ生まれサントメ育ち、朝食はジャックフルーツ。夕食のために魚を捕まえて料理する。その後、ポルトガルに移住、アフリカン-ポルトガルスタイルの味を学ぶ。現在、イングランド在住、教育現場で調理の仕事を担当する一方、家族のためにアフリカン-ポルトガル-イギリスがミックスした家庭料理を作る。手に入れたレシピはなんでも挑戦。息子のベジタリアンダイエットのために、3-4年ほど食事を届ける。僕の母親の懐は、とても深くて豊かです。でも、もっと深くなれる」

目標金額の半分くらい集まればと思っていたというルイだが、資金だけでなく彼らをサポートするコメントも多くよせられている。

「お母さん、がんばれ!」

「とても素敵なお母さんですね。お母さんと家族のみなさん、お幸せに!」

SNSでも多く拡散されたことも、資金調達達成の助けとなった。

this Kickstarter, from a son raising a couple grand for his mum to go to uni, is so pure + good I got a bit tearful https://t.co/JYJa2heUKl

当の本人は、この流れに気がついているのだろうか。BuzzFeedの質問に、「それがわからないんですよ」とルイは言う。「GoFoundMeのことはよくわかってないと思いますけど、友人のFacebookとかで知っているかもしれない。気づいてて知らないフリをしている可能性もあります、うちの母はそういうとこあるので」

目標金額に達したら、母親に全部伝えるつもりだ。今ごろ、全てが明らかになっているのだろう。

「母は、長年、生活のために働いてきたので、彼女の持つクリエイティブな面は評価されていません。大学で学ぶことで、創作意欲に火がつき、自分の価値を高めてほしいと思っています」

この記事は英語から翻訳されました。



BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Victoria Sanusi is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Victoria Sanusiに連絡する メールアドレス:victoria.sanusi@buzzfeed.com.

SOKOに連絡する メールアドレス:schan286@gmail.com.

Got a confidential tip? Submit it here.