back to top

遠く離れた戦地にいる夫と一緒に撮りたい 世界が涙したマタニティ写真

気持ちは近くに。

マイアミの写真家ジェニファーが撮影したマタニティ写真がネットで話題となり、多くの人の涙を誘っている。

写っているのは、妊婦のベロニカ。夫のジャケットを着て写真を撮りたいという彼女には、事情があった。

ベロニカの夫のブランドンは空軍に所属しており、現在海外で任務にあたっている。ジャケット写真は、夫に撮影に参加してもらうための、ベロニカの苦肉の策だった。
Facebook: JenniferArielPhotography

ベロニカの夫のブランドンは空軍に所属しており、現在海外で任務にあたっている。ジャケット写真は、夫に撮影に参加してもらうための、ベロニカの苦肉の策だった。

ジャケット以外にも、夫が写真に参加できる方法はないか? そう問われたジェニファーは、写真を編集することにした。

その完成写真がこちら、見事な出来栄えだ!

2人のいる場所は違えど、ブランドンがお腹の赤ちゃんに語りかけるような様子が十分伝わってくる。
Facebook: JenniferArielPhotography

2人のいる場所は違えど、ブランドンがお腹の赤ちゃんに語りかけるような様子が十分伝わってくる。

ジェニファーは、自身の写真スタジオのフェイスブックページに写真を投稿。5000件を超えるシェア数で、メディアにも取り上げられ、注目されている。

ジェニファーは「最高の1枚というわけではないけれど、写真の持つストーリーが多くの人の心にささったのでは」と語っている。

アイデア次第で不可能を可能にできるのが写真の力。ベロニカとブランドンは、マタニティ写真に大満足しているという。
Facebook: JenniferArielPhotography

アイデア次第で不可能を可能にできるのが写真の力。ベロニカとブランドンは、マタニティ写真に大満足しているという。

この記事は英語から翻訳しました。担当:SOKO

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Kassy Cho is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Kassy Choに連絡する メールアドレス:kassy.cho@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.