夜空に浮かぶ光の柱。幻想的すぎる「ライトピラー」を撮影した男性

「初めはオーロラかと思いました」

こちらが先週の夜、カナダのオンタリオ州で、信じられないほど素敵な光のショーがあった。こちらが、その時撮影された写真だ。

Timmy Joe Elzinga

この光景をたまたま目にすることになったティミー・ジョー・エルジンガは、自分が特別な何かを見ていることに気がついた。そして、夜空に広がる赤、緑、そして黄色の光の柱を、何とかカメラに収めた。

でも、もし真夜中に2歳の息子のギブソンに起こされなければ、すべてを見逃してしまっただろう、とティミーは言う。

Timmy Joe Elzinga / YouTube / Via youtube.com

ギブソンをあやして寝かしつけた後、ティミーがふと外に目をやると、光が踊っていたのだそうだ。

ティミーは、慌てて家の外に飛び出した。すると、数人の近所の人達が、彼と同じように空を眺めていたという。「映画の『未知との遭遇』か何かのような光景でした」

Timmy Joe Elzinga

後になってググってみて、ティミーはようやく自分が見たものが「ライトピラー」だということに気がついた。

ライトピラーは、空気中の氷の結晶が光を垂直柱状に屈折させることで生じる。この現象は、街路灯や、地上の他の光源でも起こりうる。

Timmy Joe Elzinga

「私はライトピラーの写真を撮るのにうってつけの場所にいたのです」とティミー。

彼はその写真を Imgurにアップロードし、またYouTubeでも動画を公開した。彼の写真は大きな反響をよんだ。

この記事は英語から翻訳されました。