back to top

写真があまりなかったおじいちゃん。孫は死後、Googleストリートビューでその姿を見つけた

「私の涙腺は緩みっぱなしです」

広告

「おじいちゃんの姿を見たとき、涙が止まりませんでした」と、ウーさんはBuzzFeed Newsに語りました。「数日前までは、おじいちゃんと普通におしゃべりしていました。今はすべてが現実ではないように感じられます」

google.co.uk!3m6!1e1!3m4!1s-MvhaSmw5AsUoHld5Z5tJw!2e0!7i13312!8i6656!6m1!1e1

ウーさんによると、祖父が毎日通っていた道をGoogleストリートビューでたどったところ、家畜のアヒルやニワトリの餌にする野菜を運ぶ途中の祖父の姿を見つけたそうです。

ウーさんがこの話を台湾で人気のFacebookグループで共有すると、1万件近い「いいね!」がつきました。

Facebook

「おじいちゃんが亡くなったのは3日前です。私たち孫は、アルバムを作るために写真を探していたので、もしかしたらGoogleストリートビューでおじいちゃんが見つけられるかもしれない、と思いました。信じられないことに、おじいちゃんがいたんです! おじいちゃんは、ニワトリやアヒルの餌にする野菜を運んでいました。私の涙腺は緩みっぱなしです😭」とウーさんは記している。

ウーさんは祖父の写真を1枚も持っておらず、結婚して街を離れてからは、ほとんど祖父に会うことがなくなっていたそうです。

Jia Jia Wu

祖父は畑を耕したり、野良犬の世話をしたり、地元をスクーターに乗って走り回って、日々暮らしていたといいます。

「おじいちゃんは私をとても愛してくれましたし、私の娘のこともとても愛してくれました」と、ウーさんは言う。

Jia Jia Wu

ウーさんは、自分の投稿がネット上で急速に広まるとは予想していませんでした。祖父を思い出して悲しくなるのが怖くて、コメントをまだ一つも読んでいないそうです。

ウーさんの話は、多くの人々の涙を誘いました。

Facebook

「私の涙管も、もはや命令に従ってくれません。」

広告

ウーさんの話は、人々に自分の親や祖父母のことを思い出させるきっかけとなりました。

Facebook

「わかる……私のおじいちゃんは新年の前に亡くなったの。会えなくてすごく寂しい」

今は亡き、大切な人をGoogleストリートビューで見つけたことがある人たちも、その時の話を共有しました。

Facebook

「私もずっと前に亡くなったおじいちゃんを見つけました。Googleストリートビューが更新される前、庭に座ってタバコを吸っている姿が映ってました」

Facebook

「私のおばあちゃんは土曜日に亡くなりました……私も、家の前に座っているおばあちゃんの姿をGoogleストリートビューで見つけました……」

この記事は英語から翻訳されました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Kassy Cho is a reporter with BuzzFeed News and is based in London.

Kassy Choに連絡する メールアドレス:kassy.cho@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.